2012年10月、15日まで(10月前半)のチラシの裏

10月6日

OS、マザーボード、CPU、HDD、新規購入。

画像


Windows8の発売が今月末(26日)に予定されている中
敢えてWindows7を購入。

当然、Professional な 64bit の SP1。

画像


  Windows8も、SP1が出る頃までは様子見だから問題無い・・・ハズ。


マザーはASUSのM-ATX(P8Z77-M)で
CPUはCore i5 3570K。

これで、Mini-ITXで作る野望は一時凍結。

今頃(今更)だが、”7尽くし計画”が再燃したカタチ。

ついでにHDDも購入。

折角なので、今回も2.5インチにしてみた。



10月8日~9日

先日の購入物を開封してみる。

先ずはマザーボード。

画像


ミニタワーマシンのP8Z68-M PROとの違いは
USB3.0とS-ATA3の後付けチップが無くなって
シンプルに成った事。

それと、USB3.0の内蔵用のピンヘッダが付いた事で
I/Oパネルからの取り回しケーブル(※)で、フロントUSB3.0に
繋がなくて済む事。

  ※ ミニタワーケースを使った場合。

付属品だが、今回のP8Z77-Mは
S-ATA3とS-ATA2のケーブルが各1本と
Q-Connectorが入っていた。

画像



ちなみに、P8Z68-M PROは、Q-Connectorが無い代わりに
S-ATA3とS-ATA2のケーブルが各2本入っていた。

画像



CPUソケットは・・・・・・今回もFoxconnだった。

画像



先日買ったバックプレート(BS-1156 V3)を試着。

     P8Z77-M + V3の場合

画像

画像

画像


     P8Z77-M + V2の場合

画像

画像


LGA1155に正式対応を謳ってるV3は問題なし。

V2はフルカバーなのでよく判らないが、コンデンサーの足等との
物理的な接触は無い様に見えるので、多分大丈夫だろう。


CPUクーラーの仮り置き。

画像


先日作ったBS-1156仕様のは
クーラーの底面にグリスが塗ってあるので
一番最初に買ったCore i5 2500Kの物を置いてみた。

取り敢えず、旧Vistaマシンで使ってたキューブケースを予定しているが
P8Z68-M PROより、CPUソケットがI/Oパネル寄りに有るので
HDDのブラケットとの位置関係が良ければ
背の高いクーラーも使えるかも知れない・・・と期待してみる。

画像



Core i5 3570K。

画像

画像

画像



2つの2500Kと、3570Kの箱。

画像



CPUの開封。

画像

画像

画像


今回のCore i5 3570Kのリテールクーラーは
0.28AのNIDECだった。

画像


フラッシュを焚いて気づいたのが
シールのホログラムの所に、擦り傷っぽいのが有るが
何(何故)だろう?

画像



HDDの開封。

画像



メモリーは、今一時保管してあるヤツを使う予定。

    .
    .
    .

と言う事で、早く組み立てたいが
もうチョット準備したい事が有るので、一旦封印。



10月15日

ブログをアップしようと思ったら、なかなか繋がらなく
繋がっても異常に重い・・・。

どうも今月に入ってから、不具合が続いてるらしい

運良く書き込めたが
午後8時ごろから始めて、3時間以上掛かった。

  ※ メモって置いた文章をコピペし、画像を貼って
    校正するだけの作業。

ちょこっと書き直そうと思っても、ログインすら出来ない・・・。

いい加減疲れた。

これから毎回こんなんなのか?



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック