Radeon HD7850 装着

先日買った中古の Radeon HD 7850 2GB OC
今まで使ってきた Radeon HD 7770 1GB OC と交換した。

  前回、HD6670からの変更の際、諸事情でHD7770を選んだが
  今回中古ながら、1年半越しで入手した悲願のHD7850である。


先ずはケースを開けて HD7770 を見る。

画像

画像


思ったほど埃は付いていなかった。

とりあえずこの状態でいくつかベンチを取ってみる。

  結果は後ほど。


その後、ビデオカードを外す。

画像


Sapphire Radeon HD7770-OCと、同HD7850-OCの比較。

画像

画像



HD7850を装着。

画像

画像



HD7850の装着後。

画像



ちょっと気に成る所・・・ヒートパイプとチョークコイルが接触してる?

画像



見た目ではよく判らないので、デジカメの接写で寄ってみる・・・

画像


コンマ数ミリで当たってない模様。




ベンチマーク結果

動作チェックがてらベンチマークをやってみる。

インストーラー(Setup)で入れるベンチは入れてないので
取ったのは、FF14新生エオルゼアの新旧、ゆめりあ、CrystalMark09
だけ。

  [測定環境]
  ドライバー : Catarist 13.9 WHQL
  OS : Windows7 Professional 64bit SP1
  CPU : Core i5 3570K@定格(3.4MHz-3.8MHz)
  メモリー : PC3-1280(DDR3-1600) 4GB x 4枚@定格
  M/B : ASUS P8Z77-M
  ビデオカード : Sapphire Radeon HD7770-OC
           コア:1150MHz/メモリー:1250MHz(5000MHz)@製品仕様
  ビデオカード : Sapphire Radeon HD7850-OC
           コア: 920MHz/メモリー:1250MHz(5000MHz)@製品仕様


  ・ FF14新生エオルゼア・ワールド編(旧)、1920x1080の最高画質

    HD7770-OC : 3833(快適)
    HD7850-OC : 5659(とても快適)


  ・ FF14新生エオルゼア・キャラクター編(新)、1920x1080の最高画質

    HD7770-OC :4806(快適)
    HD7850-OC :7574(非常に快適)


  ・ ゆめりあ、1024x768の最高画質(スコア@4周目)

    HD7770-OC : 118574
    HD7850-OC : 167229


  ・ CrystalMark09、1920x1080(デフォルト)

    HD7770-OC : GDI:20856/D2D:5054/OGL:62336
    HD7850-OC : GDI:20654/D2D:4460/OGL:56409


FF14は、見ての通り。

ゆめりあはHD7850で軽く16万オーバー、HD7770も11万オーバー。
因みに、XPマシンのGTX560Ti-FPB(OC仕様)で16万弱だったので
補助電源1本のビデオカードとしてはコストパフォーマンスは良好。

CrystalMark09はどんぐりの背比べだが、HD7770の方が若干良かった。
単純にコアクロックの違いだろうか?
D2Dは、GeForce系のに比べてかなり低い。


とりあえず終了。
   .
   .
   .

迷ったR9-270に少し未練が有るから、この先どうなるか判らないが
しばらくはHD7850でいくことにする。



追記> 2013年12月02日

今回のビデオカードでも Zero Core Power の正常動作を確認。

良かった。

ビデオカード(中古のRadeon HD 7850)購入

最後に更新してから半年以上経った。

黒歴史的なネタは幾つか有ったが
ちゃんと書けそうなのは今回が久々である。

  別にサボってた訳じゃ ・ ・ ・ ない。

実は9月中ごろに3TB(Seagate)のHDDを買って
9月末にミニタワーマシンに入れてフォーマットしたんだけど
フォーマットしただけで未だ何も入れていない。

画像

画像


嫁さんのミニタワーのHDDはSeagateで統一。

こっちはこの時半年振りくらいにケースを開けたが
メインマシン(自分のヤツ)は、1年くらい開けてない・・・


今回はビデオカードを中古で買ったので、そのお話。

  今更ながらのRadeon HD 7850 のOC物 (¥13800)

R9-270でも良かったんだが、Boostがイマイチ信用ならんので
固定クロックで良さげな物(6ピン1個でカード長が程々なOC物)で、と。

  R9-270の定格は、6ピン1個でギリギリの150Wみたいだから
  OC物でも、最大Boostクロックが微々たるUPだからつまらない。
  中にはOC物で6ピン2個の物も有るみたいだが
  それなら普通にR9-270Xの方がマシな気がするし・・・。

まあ、値段も今のところR9-270R9-270Xでそんなに変わらんから
値段で選ぶならR9-270Xかな・・・。

でも、R9-270の6ピン1個とカード長が短いのも魅力だなァ・・・。
   .
   .
   .

とか色々と考えてたら ・ ・ ・ 以下略。


夏ごろから中古でOC物の良さげなHD7850を探してたんだが
見つけても一晩悩んでたら次ぎ見た時無くなってた事があったから
今度見つけた時は・・・で待っていた。

待っていたんだが、ちょっとタイミングが早かった。

R9-270の価格情報が出て、じっくり比較して、自分なりの結論がでてから
HD7850の中古が出てほしかった。。。


この時(11/23 の夜)は未だ価格比較サイトにはR9-270の情報が無く
ショップのHPに行って個別に調べたが
ドスパラやソフマップには未だ載ってなくて
唯一載ってたツクモが¥24980だったから

  送料込みで¥1万違うんだったら中古のHD7850で良いか

と。


今を逃したら次がまた何時来るか判らないし・・・
で、思い切ってポチった(11/26 の午前中)。

  ポチった翌日、別の店舗で同じ物が挙がってたのは見なかった事に。

翌日(11/25 の夕方)、物が到着。

夕食後開封。

  ん!?

何か、本当に中古品?ってくらい綺麗だった。

  展示品か何かだったのだろうか?

とりあえず記念撮影と細部を撮って箱に戻す。

画像

画像

画像

画像

画像


中古なので早めに動作チェックをしないといかんのだが
どうしよう・・・メンドイ(^^;


New7 マザーボードとHDDの移設 そして、USB3.0とHDMIの罠

2013年3月4日~9日までのチラシの裏。

1台目は急遽こしらえた試作機みたいな感じだったので
2台目は当初の計画通りに(CPU以外)・・・と思い、パーツを厳選。

去年の10月に買ったものの、3ヶ月ほどお蔵入り。

重い腰を上げたのは2月の中旬。
去年の8月までVistaマシンで使っていて
半年ほど空き家だったキューブケースで仮組み。

HDDはその辺に余ってたWDの1TBの青(爆熱)。
一通りインストールして使える状態を確認。

しばらく使ってみて、特に問題も無さそうなので
年末に買ってあったSeagateの1TBで、本番開始。

WDのヤツと同じ所まで持って行き調整。
だいたいOKな所でネットワークの構築。
Microsoftの承認手続きをして、アップデート。
調整後、Z68マシンのHDDからLAN経由でデータをコピー。
Z68マシンとZ77マシンのHDD構成を同じにして、最終チェック。

と、ココまでが今週の頭。

中身の移植(交換)には時間がかかるので週末まで待った。


<2台目(2代目)のWindows7>

現行ミニタワーのZ68マシン。

ほとんどモジュール化しているので
マザーの交換はそれほど手間は掛からない。

画像


今回はASUS→ASUSで、配線の位置関係も殆ど同じなので
作業はトントンと進んだ。

このケース、本当は土台も外せれるんだが
裏配線のおかげで、分解するのに手間がかかるので
普通のケースの様に、つけたまま作業をした。

キューブケースからもZ77マザーを外す。

画像


外した旧マザー(P8Z68-M PRO)から
CPUクーラーを外す。

画像


サーマルグリスはArctic CoolingのMX-4。

ケースの交換時に付け、ノーメンテで11ヶ月ほど経っているが
グリスの劣化はほとんど無い様に見える。

そして、キューブケースから外した新マザー(P8Z77-M)からも
CPUクーラー(リテールクーラー改・BS-1156仕様)を外す。

画像


サーマルグリスはIntel純正クーラー(ジャンク品)に
最初から塗って在るあるヤツ。

1ヶ月ほどしか経っていないが
パサパサしてタミヤパテみたいな感じ。

CPUクーラーのプッシュピンを、BS-1156仕様に改造しようと持ったが
マザーの土台にCPUのメンテナンスホールの開いているヤツでは
クーラーの付け外し(交換)の際
かえって使いづらそう(手で持ってないと落ちそう)なので止めた。

先にCPUクーラーを付けると、マザーを固定するのに邪魔っぽいから
後で付ける事に(プッシュピンだしそれでOK)。

I/Oパネルを付けて、さくっと取り付け。

画像


サーマルグリスは今回もMX-4。

とりあえず、モニター出力は内臓GPUのままなので
ビデオカードの装着は後回し。


で、ここで”問題その1”が発生。 

配線を元に戻し、今回のマザーボード交換の
最大の関心事(目玉)である、USB3.0を接続。

しかし、マザーボード上のUSB3.0コネクタの位置と
太くて硬いUSB3.0ケーブルが気に成ったので
取り敢えずHDDを3.5インチに交換して
所定の位置に固定しようとしたら・・・見事にHDDと干渉。

画像


USB3.0ケーブルの向きを上方向や下方向に変えてみたが
解決には成らなかった。

無理やりケーブルを曲げて押し込んでやれば固定は可能だったが
ケーブルに無理が掛かるのは嫌だったので
結局、バックパネルから配線を取り回して使う事に。。。

画像


  # これじゃあZ77マザーに交換した意味が・・・。


次に”問題その2”。

交換はしたが、構成はキューブの時のままなので
モニター出力は3570Kの内蔵GPUでバックパネルのHDMI接続。

仮組み時、キューブケースでは
「どうせ直ぐ外す事に成るから・・・」と言う事で
バックパネルのI/Oシールドは使っていなかった。

しかし、本組時I/Oシールドを入れてHDMIケーブルを挿したら・・・
I/Oシールドの”外枠”にコネクターが当たって、奥まで刺さらなかった。

画像


最初は、ケースの所の出っ張りに当たってるのかと思ったが
それ以上に深刻な問題だった。

ちなみに、Z68マザーの方を見てみたら

  上段:光オプティカル
  中段:HDMI
  下段:ディスプレイポート

な配列なので、HDMIケーブルのコネクタの制約は無かった。

使ったHDMIケーブルのコネクターが大きかったのが原因なのだが
普通のサイズでも、もしかしたらNGかも?
かなりコンパクトなのじゃないと、刺さらないかも知れない。  

  こんな事に成るなら、最初からビデオカードを使う予定で
  交換前にIntelのグラフィックドライバーを消しておくんだった。

仕方が無いのでビデオカードを挿してセーフモードで立ち上げ
Intelのグラフィックドライバーをアンインストール。

  その際、何も考えずに今まで通りの配線(DVI接続)で
  作業をしたのは秘密。

そのまま再起動させて、ドライバー(Catalyst 13.1)を入れた。

画像



最後に、Cドライブ以外仮り載せだったHDDを
先日買ったSeagateの2TBに交換して、取り敢えず終了。

コネクターの向きもバッチリGood!

画像

画像

画像


あとは、細かい調整をしつつ、しばらく様子見。

  ※ IE10はどうしよう?


そして、取り外したZ68マザーは
キューブケースに取り付けた。

暫くはZ77マザーのバックアップ機として様子を見ながら
解体するか新たに再構築するかを検討。

そうこうしている間に、Intel 8シリーズ(Haswell)の情報が・・・



<追記> 2013年03月11日

Radeon HD 7790が4月ごろ出るらしい。

xx90の数字から、例によって78x0の廉価版

  機能制限したけどクロック上げて性能維持しました。
  その代わり、消費電力も上がっちゃいました。てへっ!

と思っていたので、特に興味も無かったのだが
7700シリーズのフルスペック版との噂(予想)が・・・

  同様に7800シリーズのフルスペック版(7890)も有るかも?


Z68マザーの再利用にはビデオカードが欲しいと思っているので
7770を買おうかどうしようか迷ってるんだが
噂(予想)が本当なら、ますます踏ん切りがつかなくなった(^^;

  ただ、175センチ以下のショート基盤じゃないと
  いくら魅力的でも候補から外れるけど・・・

  # 毎回ビデオカードの制約云々・・・で悩むなら
    新しいケースを買うのも有り・・・か。



<追記> 2013年03月22日

Radeon HD 7790が発表された模様。

どうもGTX650Tiの対抗らしい。

GeForceの方は、もうすぐGTX650Ti Boostが出るらしく
HD7790に対抗
とか言われてたが
HD7790が無印の650Tiと同レベルなら
こっち(Boost)の方が良いかも?

  660と650Tiの中間だが、Boostは明らかに660寄りの性能。

  ※ 昔言われていたGTX660SEらしい。

まー、結局は価格次第だが差が無いなら、やっぱ660かな。。。

  微妙ならGTX760待ちで・・・。



<追記> 2013年03月23日

Radeon HD 7790が出たことで
価格帯で被るRadeon HD 8750の1GBモデルが終息らしい。

性能では明らかに7850なので、自分も7790の価格次第では・・・
と考えてたが、”上手い(納得)”と言うか、”せこい”と言うか。。。



<追記> 2013年03月26日

GTX650Ti Boostが発表された模様。

これはRadeon HD 7850の対抗らしい。

性能は一進一退らしいが、消費電力や価格差を考えたら
素直に上位のGTX660を選んだ方が幸せに成れるかも。

Radeon HD 7790にせよGTX650Ti Boostにせよ
対抗相手(GTX650TiRadeon HD 7850)の方で
良いような気がする。

  欠点は、従来製品はどっちも品薄って処か・・・。



3.5インチHDD(Seagate ST2000DM001)購入

2013年3月2日と3日のチラシの裏。

前回の1TB(ST1000DM003) に続き
Seagateの2TB(ST2000DM001)を購入(ポチった)。


と言う事で到着。

  他にも欲しいヤツが有ったので今回はドスパラで購入。

配送業者はクロネコだが、ツクモ以上にしっかりした梱包だった。

画像

画像


今回はCDF販売ではなく、箱無しの正規品?

画像


シールを見ると、2013年2月8日とある。

画像


生産国は今回も安心のタイランド産。

画像


製造日は例の数字(13312)から2013年2月2日と出た。
ファームウェアはCC26だから、取り敢えず最新っぽい。


それと、だいぶ前からチェックして有ったが
”何かを買うついで”じゃないと送料がバカに成らないので
保留してあった5インチベイのメッシュベゼル(3段分)が
ようやく処理できた。

画像



と、ここで6Gb/s対応のS-ATAケーブルで
適当なのが無いのを思い出し、特に考えず
50センチのスマートケーブル(3本)を買うつもりで
急遽、地元のグッドウィルに行ったが・・・

50センチ物は陳列スペースすら無く
他の長さのヤツも、各1個くらいしかなかった。

呆れるくらい何も無かったから、何も買わずに帰ってきた。

  もう、行くだけ無駄と言っても良いレベル。


仕方がないので通販で探す。

ここで改めて、50センチにするか、30センチにするか
スマートにするか、きしめん(フラット)にするかで迷ったが
買って失敗も嫌だし、脳内シュミレーションは止めて
使用予定のケースで現物合わせのシュミレーションをした。

  候補@30センチ
  候補@50センチ

結果、スマートケーブルの30センチ(3本)でポチった。



<以下メモ書き>

1TBは新規のWindows7(Z77マザー)の
Cドライブ(システム用)で使用。

今回の2TBは、同マシンのデータ倉庫用で使う予定。

当初、WDの1.5TB(現行Z68マシンで使ってたヤツ)
出戻りで使うつもりでデータをコピーをしたが
何かアイドル時のカリカリ音と言うかガリゴリ音が気に成った。

  アクセス中は静かなんだが・・・壊れる前兆?

このまま使うのも不安があるので、思い切って買うことにした。

2TBと3TBで迷ったが、データ倉庫は
画像やバックアップが中心(現状560GB程度)なので
それほど容量は大きくなくても良い。

  3TBは動画倉庫用に改めて買おうと思う。

メーカーはSeagate、WD(青or黒)、HGST、東芝で迷ったが
2TBで¥1万切ってるのがSeagateくらいしかなかったので
消去法でSeagateに。


ちなみに、動画倉庫用は日立の2TB(5900rpm)で
HDDの健康状態(S.M.A.R.T.)はイマイチだが(※)
手持ちでまともそうなのが他に無いので、取り敢えず使う事に。

  ※ 一時、C5とC6が数個出たが、ゼロフィルをしたら消えた。
    その後、Z77のWindows7で通常フォーマット。
    フォーマット後、HD Tuneのエラーチェックを
    クイックじゃない普通ので実行したが、赤は出なかった。

    # しかし、多分エラーのセクタを踏んだら
      (エラーの場所に書き込みをしたら)また出るんだろうな・・・。

現状450GB程度埋まっている。

画像




<追記> 2013年3月5日

ケーブル到着。

画像


まー、スマートケーブルなのでコネクターの向きの
多少の不揃いは覚悟していたが・・・

画像


見事なまでに180度ひねったカタチの個体差が有った。

画像


  # きしめんタイプはコレが無い(期待出来ない)から止めたのだが・・・
    ここまで完璧だと、笑うしかない(笑)

ちなみに、コレがマザー(P8Z77-M)のコネクターの向き。

画像


さて、HDDをフォーマットしてデータをコピーして・・・
今週末くらいにはマザーの移植・・・
出来るかな?


モニターの[ENTER]ボタンが壊れた(もげた)

Z77マザーで仮組み中のマシン(HDMI接続)をいじってて
モニターの切り替えボタンを押したら ” ぐねっ ” とした感覚・・・

  やっちまった。。。

” 決定・入力切替 ” のよく使うボタンで
ココだけくたびれてきてたから何時か壊れるな・・・
と思ってたら、昨日来た。

さっきまでは何とか繋がってた様だが
今しがた触ったら完全にもげた(取れた)。

   ・
   ・
   ・

分解してもげた所を接着しようと思ったが
モニターをアームから外すだけでも大変なので
どうしようか考えたが、もげた所やボタンの構造を見たら
プラスチックの ” しなり ” で押すタイプの様だから
テープで留めるだけで良くね?(良いか・・・)と思った。

  どーせ見える所でもないし。

と言う事で、テープ(タミヤのマスキングテープ)で留めてみたが
思いの他良い感じで復元(押し応え)できた(^^;

画像

画像


暫くは良いとして、次はモニターかな・・・


2013年2月21日のチラシの裏 ビデオカードのドライバーを更新

7マシン(Z68マザー)

  Radeon HD 7770
  Catalyst 12.10 → Catalyst 13.1

2月15日以降の週末~20日
嫁さんのマシンを久しぶりにメンテしたので、そのついでに。


XPマシン(P67マザー)

  GeForce GTX560Ti
  Ver.306.23 → Ver.314.07

2月21日、長らく様子見だったのを更新。

306.23をアンインストールした後
314.07のインストール時
指定ファイルがフォルダーに無いから云々・・・
と言ってきて、インストールに失敗(自分で強制終了)。

一つ二つ前のドライバーはどうだろう?と色々試すが同じ。

仕方が無いので306.23に戻そうと思ったが
同じように失敗する。

  何故?

と思ったが、アンチウィルスソフトを一時的に切ったら
普通にインストールが終わった。

  今まではそんな事無かったのに・・・
  最近のアップデートで仕様が変わったのか
  誤検出なのかバグなのかはよく判らんが
  一応、今後の為にメモして置く。


その他、メンテナンスついでに
フリーソフトのいくつかを、まとめて最新Verに変更。



<追記>

秋に買ってあるZ77マザーで、新規インストールの手順を確認する為
仮インストールで情報収集中。


喉が治らない、喉の痛みの原因判明?

風邪の症状は治ったが、喉の奥が相変わらず痛く

  なかなか治らな~

って思ってたら、こんなのを発見。

  詳しくは、「中国 大気汚染 有害濃霧 喉 咳」等で検索


各掲示板サイトでも、喉の症状がどうの・・・ってのが有るので
自分も(嫁さんも)コレが原因か? と思うように成ってきた。

  ↑の記事の「1月中旬以降・・・」は時期的にも合致するし。


これじゃあ、加湿器やのど飴や喉の薬では、意味無いかも?

  さて、どうしたものか・・・・・・・・



<参考>

  ・ アジアの大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ
  ・ 大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測 (予測動画)

   ※ 役に立ちそうなので、左側のリンク欄に追加。