Core2Duo E7200 (クールポコ風)

土曜日、Core2Duo の E7200 を買ってきて
その夜、メインマシンのCPUを交換して
何処までオーバークロックできるか試したら
ベースクロックが341MHzまでしか
上がらなかったんです。

で、調べてみたら、P31/G31/945GCの
チップセットのベースクロックの限界が
PIC-E 100MHz固定で、340MHz辺りって事が
書かれてあったんですよ~

  なぁにぃ~ やっちまったなーーー

男は黙って「E4700」
それでもダメなら「P35/G33」

でも、G33マザーで試してみたら、ベースクロック366MHzで
ORTHOSが2周目に入る所でエラーっす~

どうもハズレだったみたいです。。。



ん~、本当にやっちまった感じだ。

P31(GA-P31-DS3L)で使うには
やはりFSB800MHzのCPUを使うのが良さそうだ。

FSB1066MHzで、オーバークロック耐性の高い
CPUだと、直ぐに頭打ちになって、面白くない。

これなら、FSB800MHzで、旧型ならが
E6x50系と同じG0コア(L2半殺し?)で
倍率の高いE4700の方が幸せに成れたかも・・・

ただ、値段が同じか若干高めだから
誰でも新コア(45nm)のE7200を選ぶよな~

  G0コアで13倍のE4700を
  ベースクロック266MHzで
  動いたら面白いんだがな・・・

VistaマシンのG33(GA-G33M-DS2R)で
再度チャレンジしたが、ORTHOSを走らせた時
ベースクロック365MHzで、5周までは
とりあえずエラーも無くOKだった。

  ま、全然足りんが、時間の都合上(^^;

ちなみにスパーπ104万桁は
ベースクロック376MHzまでは完走(15秒)したが
377MHzにしたら、起動中にブルーバックが出て
ダメだった。

なんか、P31の340MHz辺りの症状と似ているのだが
G33も375MHz辺りに、何かしらの限界が有るのだろうか?

しかし・・・倍率を8.5倍に落として(規定は9.5倍)
ベースクロックを400MHzにすると、問題なく起動する。。。

  ん~、普通に376MHz(3572.0MHz)が限界だったのだろうか?

とりあえず、ベースクロック333MHzで使ってるけど
なんかL2コアのE4400以上に熱いな。。。

  CPUファンも結構な勢いで回ってるし・・・

45nmってこんなもんなのか?

まあ、E7200の温度表示がおかしいってのは
いろんな所で書かれてるみたいだが
ファンがそれなりに回るって事は
それなりの発熱をしてるからなのだろう。。。

CPUからの間違った情報を鵜呑みにした
マザーボードが、CPUの温度が高いと勘違いして
ファンの回転を上げてるのかなァ?

  峰クーラー改(風拾2000rpm) + シルバーグリス
  で、ファンが1700rpm前後で、温度は60度くらい。
  ちなみに部屋は、エアコンの効いた27度設定。

画像


  CPUの性格上、Core温度より
  Temp温度の方が正しいように思えるが
  どう考えてもCore温度の情報を元に
  ファン(Fan1)が回ってるように思える。。。

むむむむぅ

次のBIOSアップデートで修正されるかな?

  てか、次は何時だ? > GA-P31-DS3L

    もしかして、何時までもベータBIOSって事は
    コレが問題で、解決してない(解決できない)
    って事なのか?


グッドウィルの安売りで、P35の
GA-PE35-DS3Rが¥10980で売ってたのだが
結果は同じかなァ・・・



<追記>

日曜日、勢いで↑のマザーを買ってきてしまった(^^;

  しかも、後で広告を見てみたら(6月27~7月6日までの)
  期間限定だったみたい。。。危なかった(^^;

しかし・・・買ってきたは良いが、どうしよう? コレ(^-^;;;

OSを入れなおすのも面倒くさいし
HDDの移植で上手くいくのかなあ???

  まあ、バックアップのHDDで試すかな。。。

んんんんん~、面倒くさいなァ(--;


<追記2>

どうも、E7200に限らず、45nmCPUは
定格で使うなら、低発熱で良いのだが (←そうか?)
オーバークロックをすると
とたんに発熱が高く成るらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック