GeForce 7600GT (その2)

と言う事で、到着(^^;

前回は簡易包装&厳重梱包だったが
今回は普通に段ボールで、一般的な梱包だった。

画像

画像

画像

画像


同じお店でも、店舗が違うと、やり方が違うのかな?

  単に担当者の性格か?

まあ、そんな事は気にせず、取り敢えず動作チェックをしてみる。

画像


交換後の電源投入直後はファンは全開で回り
その後、ゆっくり回った。

OSが立ち上がると、更にゆっくりに成るらしく
ほぼ無音に成った。

ドライバーを入れ直し、RivaTunerで見てみたら
ファンの制御は

  2D:27
  3D:45

画像


その設定でのコア温度は

  2D:45~48度
  3D:60~65度

だった。

3D時はそこそこ冷やしているが
2D時の温度も、もう少し下がらないか?と思い
スライダーを少しいじってみた。

  27→35

すると、ほぼ無音だったファンの音が
気に成るようになった。

では、気に成らないレベルは?・・・と言う事で
調整してみたら、29まではほぼ無音で、30にすると
少し気になり始め、32では明らかに気になる感じだった。

   激しく個人差あり

3D時も、45の時はそれどど(高回転動作の割には)気に成らなかったが
47までは何とか我慢できるが、49にするともうダメ・・・であった。

   激しく個人差あり

仕方が無いので、デフォルトに戻してしばらく様子を見る事に。

無負荷状態では非常に静かで満足なのだが
ブラウザーでスクロールなんかをすると
たまにファンが勢いよく回る事がしばしば・・・

よく、ビデオカードのトラブル原因の分析で
負荷をかけ(ブラウザーをスクロール)させて、固まるか?
とか言うのを聞くが、ブラウザーのスクロールごときでも
けっこうな負荷がかかってるのだとと実感した。

しばらくするとファンの回転は落ちるのだが
WEBを色々と見てると、静かな時より、五月蝿い時の方が
多いように思った。

  ちょっとがっかり。

これなら、ファン制御が出来ない?\1000安い方
のを選んでも良かったように思えてきた。

ZALMAN等に交換して、冷却とと騒音のバランスの取れるところで
調整すれば、それに越した事は無い。

  Gigabyteの7900GSの様に・・・

まあ、RivaTunerで調整ができるから
クーラーを交換しても問題は無さそうだが・・・

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック