2012年10月、15日まで(10月前半)のチラシの裏

10月6日

OS、マザーボード、CPU、HDD、新規購入。

画像


Windows8の発売が今月末(26日)に予定されている中
敢えてWindows7を購入。

当然、Professional な 64bit の SP1。

画像


  Windows8も、SP1が出る頃までは様子見だから問題無い・・・ハズ。


マザーはASUSのM-ATX(P8Z77-M)で
CPUはCore i5 3570K。

これで、Mini-ITXで作る野望は一時凍結。

今頃(今更)だが、”7尽くし計画”が再燃したカタチ。

ついでにHDDも購入。

折角なので、今回も2.5インチにしてみた。



10月8日~9日

先日の購入物を開封してみる。

先ずはマザーボード。

画像


ミニタワーマシンのP8Z68-M PROとの違いは
USB3.0とS-ATA3の後付けチップが無くなって
シンプルに成った事。

それと、USB3.0の内蔵用のピンヘッダが付いた事で
I/Oパネルからの取り回しケーブル(※)で、フロントUSB3.0に
繋がなくて済む事。

  ※ ミニタワーケースを使った場合。

付属品だが、今回のP8Z77-Mは
S-ATA3とS-ATA2のケーブルが各1本と
Q-Connectorが入っていた。

画像



ちなみに、P8Z68-M PROは、Q-Connectorが無い代わりに
S-ATA3とS-ATA2のケーブルが各2本入っていた。

画像



CPUソケットは・・・・・・今回もFoxconnだった。

画像



先日買ったバックプレート(BS-1156 V3)を試着。

     P8Z77-M + V3の場合

画像

画像

画像


     P8Z77-M + V2の場合

画像

画像


LGA1155に正式対応を謳ってるV3は問題なし。

V2はフルカバーなのでよく判らないが、コンデンサーの足等との
物理的な接触は無い様に見えるので、多分大丈夫だろう。


CPUクーラーの仮り置き。

画像


先日作ったBS-1156仕様のは
クーラーの底面にグリスが塗ってあるので
一番最初に買ったCore i5 2500Kの物を置いてみた。

取り敢えず、旧Vistaマシンで使ってたキューブケースを予定しているが
P8Z68-M PROより、CPUソケットがI/Oパネル寄りに有るので
HDDのブラケットとの位置関係が良ければ
背の高いクーラーも使えるかも知れない・・・と期待してみる。

画像



Core i5 3570K。

画像

画像

画像



2つの2500Kと、3570Kの箱。

画像



CPUの開封。

画像

画像

画像


今回のCore i5 3570Kのリテールクーラーは
0.28AのNIDECだった。

画像


フラッシュを焚いて気づいたのが
シールのホログラムの所に、擦り傷っぽいのが有るが
何(何故)だろう?

画像



HDDの開封。

画像



メモリーは、今一時保管してあるヤツを使う予定。

    .
    .
    .

と言う事で、早く組み立てたいが
もうチョット準備したい事が有るので、一旦封印。



10月15日

ブログをアップしようと思ったら、なかなか繋がらなく
繋がっても異常に重い・・・。

どうも今月に入ってから、不具合が続いてるらしい

運良く書き込めたが
午後8時ごろから始めて、3時間以上掛かった。

  ※ メモって置いた文章をコピペし、画像を貼って
    校正するだけの作業。

ちょこっと書き直そうと思っても、ログインすら出来ない・・・。

いい加減疲れた。

これから毎回こんなんなのか?



2012年9月、30日まで(9月後半)のチラシの裏

9月16日

<Mini-ITXの野望!? その1>

  クーラーマスター Elite 120 Cube

通販で購入。

画像


新規計画は有るが予定は未定。

ケースだけ先行投資。



9月23日

ムーヴの8月点検(1年点検)の時に注文してあったパーツが
揃ったと言うので、引き取りに行った。

  アシストグリップ(74610-B2030-B0)
  GPSアンテナブラケット(86862-B2010)

画像

画像

画像


ん~、まあ、コレも先行投資・・・だな、うん。



9月24日

  16周年

遅ればせながら、ブログ紹介の所を更新。



9月26日

<Mini-ITXの野望!? その2>

  CPUクーラー(Samuel 17)

購入。

画像


先日買ったMini-ITXケースの高さ制限(65mmまで)用に買ってみた。

先行投資。



9月27日

<Mini-ITXの野望!? その3>

クーラーマスターの Elite120 開封。

画像

画像


買う前にネットで色々と調べてシュミレーションしてみたが
現物を見て、予想通りの所と、想定外の所がチラホラ・・・。

とりあえず、ケースの足は交換必須とみた。

  カタカタ音がするから、試しに触ってみると”カラカラカラ”っと回った。

画像


プラスチックの足が爪ではめてあるだけだった。

  ここはゴム足(φ24mm×高さ10mmくらい)を探そう。


ケースのカバー(コ字)が、思いの他やぐかった。

  AOpenのキューブは、角にデザインパーツで補強されているが
  コレは何も無いからかな?


電源スイッチやLEDランプのケーブルが、細くて硬かった。

  不用意に触ったらもげそうで、嫌な予感がプンプンする。

画像


あと、付属のファンのケーブルも硬かった。


試しにファンを回してみたら、思ったより静かだったから
交換はしなくても良いかも?

  フロント:12センチ1200rpm
  サイド:8センチ2000rpm

画像


ただ、8センチファンは、メンテナンス時に邪魔だろうから
使わないと思う。


フロントのUSB2.0の取り回しケーブルが意外と短かった。
フロントのUSB3.0の取り回しケーブルが無駄に長かった。

と言うか、同じくらい長さなので
マザーボードのレイアウトによっては不都合が有りそう。

画像


<感想>

まー、価格相応・・・かな?

  後でまた気に成る所(要改良箇所)が出てきう・・・。



9月29日

<Mini-ITXの野望!? その4>

冷却関係のパーツ。

  12センチファン×2種
  ファンガード×2個
  ファングリル&ファンフィルター(SST-FF121B)
  他

通販で購入。

画像


クーラーマスターのスリムタイプファン(15mm厚)は
CPUクーラーのSamuel 17用に購入。

もう一つのは、Mini-ITXケースのフロント用に購入。

画像
  

ファンガードは、上記のファンで使用予定。

画像


ファングリルは、何か良さげっぽいから、お試しで。

画像


他・・・と、その中身。

画像

画像

画像


ジャンク品だったので、おみくじを期待してたが、全部同じDELTA製だった。


BS-1156、V2(前回)とV3(今回)の違い。

画像



LEDな12センチファンを回してみた。

画像

画像


まあ、予想通りな感じ。

Mini-ITXケースのフロント用にと選んだが
MAX1600rpmのPWMの風量が如何ほどに成るかは
マザーボード次第なので省略。

感心したのは、スイッチでLEDの発光パターンが変えられるのだが
電源を切っても、変更した時のモードを記憶しているみたいで
次に電源を入れても、前回のモードで起ち上がった。

  まー、カジノモード等はチカチカ鬱陶しいから
  普通の点灯モードでしか使わんと思うが。



9月29日

<Mini-ITXの野望!? 番外編>

BS-1156、LGA1155CPUクーラーに取り付け。

新規で組む計画は有るが、未だマザーボードの選定に迷ってるので
M-ATX@キューブ(AOpen) or Mini-ITX@キューブ(クーラーマスター)
どっちを使うかは未定と成っている。

M-ATXで組む場合、AOpenのヤツ成るんだが
その場合だと、CPUクーラーはHDDベイの位置関係上
リテール位の高さ(約45mm)しか取り付けられない


で、前回はCPU付属のしか無かったので
BS-1156(バックプレート)は使わなかったが
今回ジャンクでリテールクーラーを入手したので
次回はBS-1156で取り付けようと考えた。

LGA775でもやったが、今回のはプッシュピンの周りの形状が違うので
うまくいかずにチョット梃子摺った。

  1個目は10~20分ほど格闘
  1個目が外れたら、2個目は4~5分
  3個目は2~3分
  最後のは1~2分で外すことが出来た。

画像


コツさえ判れば何て事は無いが、次にやる時、また忘れてそうだ(^^;

完成したが、未だ出番は無いので、そのまましまった。。。



9月30日

<Mini-ITXの野望!? その5>

台風で暇だったので、Mini-ITXケースをチョットいじってみた。

  部品や材料なんかは、前日までに購入済み。


先ずは、ケースの足。

”ゴム足”ではないが、似た形状の”ボンネットゴム”ってので
良さげな寸法が有ったので(φ23mm×高さ14mm)買ってみた。

  近くのホームセンターで¥250。

ケースに元々付いてる”プラ足”を外そうと思ったが
どーにもこーにも外れないので、仕方なく”破壊”して外した。

画像

画像


M4×15mmのビスで留めるつもりだが・・・

外した爪穴が大きくて、適当なスペーサーを入れないと
グニャグニャしそうなので、適当なのが無いか?探してみた。

  M4のワーッシャーはでかすぎ
  M4のナットじゃ微妙に入らない

画像


さて、どーしよーか? と思ったが

  M4のスプリングワーッシャーなら・・・

と思い、パーツボックスを探してみる・・・・・・発見。

画像


サイズは穴にピッタリ、高さは2枚重ねでバッチグー。

画像


最後はフランジナットで締めて終了。

画像

画像


という事で、他の3ヶ所もちゃっちゃと交換。

画像



電源スイッチやLEDランプのケーブルは
使ってない電源から取り外したスリーブを、ケーブルの根元にはめて
まとめてみた。

画像

画像



買ったファンも付けてみた。

リブ無しのファンだから、ねじ込みの時の力加減が判らなくて、イマイチ。

LEDは綺麗だったが、フロンとパネルを付けたら・・・・・・・全く意味無し(^^;

  隙間から漏れる光も思ったより少なかった。

埃対策でファングリルを付けてみたが、やっぱり風量は落ちる感じ。

で、PWMが効いて、半分くらいに成ったと想定して
手持ちの”光る静かな風(800rpm)”を付けてみたが
フィルター無しでも”そよそよ~”程度だった。

  ん~

ココは再検討だな。


ちなみに、”足”を換える前に、ファンの付け替えを何度かしてるが
軽いのもあるかも知らんが、ドライバーで回そうとすると奥にズルズルと滑って
鬱陶しい事この上なかった。


最後によかった点・・・

マザーを置く足の六角スペーサーだが、アタッチメントパーツが付いていて
プラスのドライバーで留めれる様に成ってた。

今までは、タミヤの十字レンチで回していたが
こんなチョットした気配りはGoodだ。

画像

画像


  しかし・・・ネジ穴が少し傾いていたり、精度はイマイチ。。。


2012年9月、15日まで(9月前半)のチラシの裏

9月3日

<Windows7マシンのHDDの2.5インチ化計画 その1>

  日立 2.5インチHDD 750GB(HTS727575A9E364)7200rpm
  玄人志向 SATA3+USB3.0拡張カード(SATA3+USB3.0-PCIe)
  S-ATA3対応ケーブル×2本
  2.5インチHDD変換マウンタ(2台用)

通販で購入。

画像

画像

画像


E-Driveの3.5インチ1.5TBを、今回買った750GBとデータを分散。
750GBはE-Driveとして使い
欠番だったD-Driveに、1.5TBを持ってきた。

画像

画像


そして、C-Driveの3.5インチ500GBを、前から有る500GB(※)と交換
クローンコピーして、2.5インチHDDブラケットに2段重ね。

画像

画像

画像

画像


※ 日立がWDに買収された頃に、コンプマートで安売りしてた
  Touro Mobile Pro Black 500GB JP 0S03109
  を、¥4480で購入。
  付属のUSB3ケーブルでは、電流不足か
  起動時、回転数が安定しなくて認識に失敗するので
  分解して、他のUSB3.0ケースを買ってきて使用したいた。
  因みに、中のHDDはHTS727550A9E364だった。

画像

画像


HDDが小さくなって、CPUクーラーとの空間が広がってGood。

  しかし、電源ケーブルが2.5インチのHDDに対して大きいなぁ・・・

画像



玄人志向のSATA3+USB3.0拡張カード。

画像


搭載チップがWindows7マシンのASUS P8Z68-M PROと同じ
ASM1061(S-ATA3)と、ASM1042(USB3.0)なので買ってみた。

丁度マザーボードのPCI-E x4 スロットが空いているし
ドライバーの競合も無さそうなので、バランス的にも丁度良い。

  左側のS-ATAのコネクターが若干曲がって着いていた。。。

画像


ただし、現状、出番は無い。



9月7日~10日

<Windows7マシンのHDDの2.5インチ化計画 その2>

  2.5インチHDD変換マウンタ1台用×2個
  S-ATA用電源3分岐ケーブル(S3-1504SAL)
  インチネジ黒×2個
  他

通販で購入(2.5インチHDD変換マウンタは1個だけ7日に分散到着)。

画像

画像

画像


2台用のブラケットでは、両サイドからネジ込むと
ベースが歪んだり、S-ATAケーブルの間隔がきつかったりと
使ってみるとイマイチだったので、今回のは底面で留める1台用にしてみた。

歪みも無く、ケーブルの取り回しも良く成った。

画像


電源の3分岐ケーブルも良い感じ。

画像

画像




9月11日~12日

ソケット478のPentium4時代のCPUクーラーを廃棄。

画像


今回は、峰クーラー×2個、ANDY侍マスター、侍Zの4個。

ちなみに、ファンや取り付け金具なんかは、パーツとして保管。



9月12日

<Windows7マシンのHDDの2.5インチ化計画 その3>

  WD 2.5インチHDD 1TB(WD10JPVT)5400rpm(青)
  2.5インチHDD変換マウンタ1台用
  S-ATA用電源3分岐ケーブル(S3-1504SAU)
  他

通販で購入。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


D-Driveの3.5インチの1.5TBを、2.5インチの1TBに交換。

画像


邪魔な3.5インチHDDが無くなったので、お蔵入りしていた
メモリー(鶏冠付き)と交換(取り敢えず4GB×2枚)。

画像


HDDがオール2.5インチに成ったので、ずいぶんスッキリした印象。

画像

画像

画像




9月13日

HDDの配線を調整。

画像




9月13日~14日

黒歴史的PCケース処分。

画像

画像

画像


年末年始報告、その2その3その4その5その6、参照。

6年近く前のモノだが、ずっと箱に仕舞ってあったので
新品同様に綺麗だった。

  でもまあ、使わないモノは要らない・・・と言う事で。



以上、9月前半のチラ裏。

9月後半に続く。


2012年8月、31日までのチラシの裏

8月5日
蝙蝠が部屋に紛れ込んだ。
ビックリした。
小さかったので未だ子供の様だった。

画像


捕まえてベランダに出しておいたら、何時の間にか居なくなっていた。



8月12日
何となく欲しくなって、ブルーレイプレイヤー(SONY BDP-S380)を買った。

後継モデルはデザインや横幅が気に入らないので、敢えて従来機を選んだ。

ブルーレイレコーダーからBD-Rにダビングしたヤツが観れれば・・・と思った。
クチコミでは観れるっぽいが、未だ箱の中である。

画像




8月16日(午前)
マウスのホイールの動きがまた悪くなったので、イラッっときて分解してみた。

何とかネジを隠してある所を見つけ出たが、1本特殊なのが有って
手持ちのヘックスドライバーではサイズが合わなかった。

画像


半ば諦めかけていたが、最終手段で、マイナスドライバーを使ってみた。

何本か試したら、タミヤのビルダーズエイトのヤツがピッタリ入ったので
何とか分解できた。

画像

画像


ネジは4本で留められていたが、3種類が使われていた。

画像

画像

画像


エアーで吹き飛ばしたり、刷毛で払ったりして埃を取った。

ホイールのセンサーの所をピンセットでホジホジしてたら
中からBB弾くらいある綿埃が出てきた。

画像

画像

画像

画像


元通りにしたらホイールの動きは快調に成った。



8月16日(午後)
マウスも快調になって、気分もスッキリしたので
この勢いでメインマシンの電源も交換することにした。

4月に買って、GWにやろうと思ったが、gdgdしてて結局出来なかった。

      交換前:Abee 600W
画像


      交換中:電源撤去
画像


      交換後:Corsair 750W
画像

画像


ビデオカードの補助電源ケーブルが太くてごつい。

2本に成って見栄えは少し悪くなったが
これで、ハイスペックなビデオカードを積んでも不安の無い構成に成った。



8月末
Vistaマシンを解体。

折角復刻させたが、使用頻度は週1回10分程度(セキュリティーのアップデート)と
Windowsの定例アップデートくらい。

たまに、新しいフリーソフト等の動作確認を試すくらい。

春先より物が増えて部屋も狭くなってきたので、この辺が潮時と考えた。



8月31日
バラしたVistaマシンのパーツを売りに行った。

総額¥17900だった。


エアコン、トラブルは続く・・・

正常に動いてるはずなのに、ドレンホースからの
排水が少ない様に思って、ちょっと調べてみた。

  ただ、直接ドレンホースの先から出る水の量ではなく
  ベランダから雨どいを通って下から出てくる水の量である。

そうしたら、雨どい以外の所から流れ出していることが判明。

画像


下に行って出所を見てみたら壁?から出ている感じ。

画像


2回目の設置工事の際の不手際で
壁の内側で漏れている?と思ったが
試しにドレンホースの先を一晩ベランダの外に出して
直接下に排出したら、壁から水は出ていなかったので
壁の中で漏れている・・・と言うことでは無いらしい。

と言うことは、ベランダの排水口が、ゴミなんかで詰まり掛けている
と考えるのが普通である。

ただ、掃除をするにしても、室外機をどかし
床に敷いてある人工芝をどかさないと、溝の掃除は無理。。。

最後の手段でもあり、お手軽簡単な対処法は

  雨どいに直接ドレンホースを突っ込む

事である。

と言うとで、ドレンホースの延長他を買ってきて
脚立を立てて登ったところ・・・

  ぶぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~ん

雨どいから蜂(足長蜂)が出てきてビックリ。



キンチョールの大量散布後、懐中電灯をもって中を覗いたら
雨どいの受けの部分の内側に巣が有った。

  ん~、どうしてくれよう

暗くなってきたので、今日の予定は中止。



仕方が無いので、買ってきたドレンホースに
ちょっとした改良を・・・

蜂(虫)が入ってこないように・・・と思って調べてみたら
防虫ドレンキャップ”と言う物がある事を知る。

が、値段は1個¥2~300くらいらしい。

要は、水が流れて虫が入ってこなければOKなので
去年網戸(シルバーメッシュのチョット良いヤツ)を張り替えた時の
歯切れの網を、80mm×80mmで切って、ホースの先に取り付けた。

画像



次の日

夕方見たら蜂は居なかったので作業開始。

受けを外して巣を撤去。

画像

画像


その後、エアコンの溜まり水でビショビショに成りつつ
ベランダの排水用の穴からヘドロみたいなゴミをある程度撤去。

微妙に手抜きだった雨どいの配管は
エルボを一つ足して(昨日のうちに買ってあった)見た目も良くなった。

画像

画像



その他、所々取れかかってた番線(針金)を張り直して終了。



エアコン関連もこれでようやく落ち着いたか???

  落ち着くと良いなァ・・・


2階(自分の部屋)のエアコンのトラブル → 結局交換

7月に入って、暑くなってきた事もあり本格始動を始めたのだが
しばらくして異変に気づいた。

  エアコンの噴出し口から水(水滴)が降ってくる

しかも、結構な頻度で(1~2分間隔でパラパラっと音を立てて5~6滴ほど)。

画像

画像


真下の嫁さんのPCの所は言うに及ばず
エアコンから2mくらい離れた自分が居る所にまで、水滴が降ってくる時がある。

直ぐ様、取り付けた電気屋に連絡を取って診てもらう事に。

あくる日電気屋が来て診ていったが
設置(水平)や外配管は特に異常無し・・・の判断。

電気屋の手配で、2日後にメーカーの出張サービスが来るも
エアコン内部の排水口の所に水が溜まって上手く排水されていない事を見つけ
応急処置(あからさまに勾配を付けての強制排水)はしたが
何故水が溜まるのか原因は判らず・・・で帰っていった。

画像

画像

画像

画像


しかし、頻度は減ったがそれでもたまに降ってくる・・・。

  その後の様子見で、湿度が高い日(85%以上の日)は、高確率で振ってきて
  70%以下の場合は、エアコンの上下フラップの所にも水滴は付いてない感じ。

  ※ 湿度は、昔エイデンの粗品で貰った湿度計の値

画像



また数日後、取り付けた電気屋が来て
今度は徹底的に調べて、大まかな原因をつかんだ模様。

  どうも排水溝?排水口?に貼ってあるポンジの類の物の貼り付け不良?で
  溝(補給トレー?)を塞いで(十分な間隔が無くて)漏れ出したのが原因で
  ファンの風圧で水滴が飛んで来ていたらしい。

  ※ 見るからに、「流れる筈が無い = 溜まって当然」の構造だったらしい。

しかし、これが、”設計”なのか、製造ラインでの単純な”部材の貼り付けミス
なのかは不明。

  証拠写真を何枚か撮って、メーカーに問い合わせる模様。

と言う事で、直すにしても一度取り外さないといけないっぽいので、ダメ元で

  上位機種(RAS-SC25B)に変更して、交換を希望したい

  ※ 専門店用の機種らしく、量販店向けのRAS-SX25B相当らしい。

と言う旨を電気屋に言ったら、「明らかに不良なのでメーカーと交渉してみる」
との事。


その後連絡が有り、機種変更で交換のOKが出たそうで
数日後、今度はメーカーのエアコン取り付けの専門チーム?が取り付けに来た。

工事費や機種変に伴う追い金も覚悟していたが
どうも追い金無しで交換してくれたみたいで、ラッキーだった。

画像


未だ様子見の状況だが、今度のはトラブル無くあってほしい。

Catalystの12.6とRadeon HD 7770

前のカタリスト(12.4)では
Zero Core Powerが上手く働いてなかったので
12.5を待ってたが、月刊カタリストが廃止されて
今回の12.6(WHQL)が最新らしい。

情報では修正されたっぽいので入れてみた。



<確認>

モニターの電源が切れて、4~5秒でファンは止まった。

  前回みたく、回転が落ち、止まるかと思ったらまた回り始め
  回るのかと思ったら停止した・・・と言うのは無かった。

その後・・・
前回は30分ほどしたらファンが回り始めたが
今回は、途中で回り始めると言うのは無かった。

更にその後・・・
前回は再びファンが回り始めてから、更に30分後くらい経ったら
(最初に止まって丁度1時間くらいしたら)モニターが点いて

  デスクトップガジェットは動作を停止しました

とメッセージが出ていたが、今回は1時間半くらい経っても
そのままだったので、マウスを動かして自ら復帰させた。

モニターの復帰後、4~5秒ほど遅れてファンが回りだした。

変なエラーメッセージもなく、正常に作動してるみたいだ。


良かった。