New7 マザーボードとHDDの移設 そして、USB3.0とHDMIの罠

2013年3月4日~9日までのチラシの裏。

1台目は急遽こしらえた試作機みたいな感じだったので
2台目は当初の計画通りに(CPU以外)・・・と思い、パーツを厳選。

去年の10月に買ったものの、3ヶ月ほどお蔵入り。

重い腰を上げたのは2月の中旬。
去年の8月までVistaマシンで使っていて
半年ほど空き家だったキューブケースで仮組み。

HDDはその辺に余ってたWDの1TBの青(爆熱)。
一通りインストールして使える状態を確認。

しばらく使ってみて、特に問題も無さそうなので
年末に買ってあったSeagateの1TBで、本番開始。

WDのヤツと同じ所まで持って行き調整。
だいたいOKな所でネットワークの構築。
Microsoftの承認手続きをして、アップデート。
調整後、Z68マシンのHDDからLAN経由でデータをコピー。
Z68マシンとZ77マシンのHDD構成を同じにして、最終チェック。

と、ココまでが今週の頭。

中身の移植(交換)には時間がかかるので週末まで待った。


<2台目(2代目)のWindows7>

現行ミニタワーのZ68マシン。

ほとんどモジュール化しているので
マザーの交換はそれほど手間は掛からない。

画像


今回はASUS→ASUSで、配線の位置関係も殆ど同じなので
作業はトントンと進んだ。

このケース、本当は土台も外せれるんだが
裏配線のおかげで、分解するのに手間がかかるので
普通のケースの様に、つけたまま作業をした。

キューブケースからもZ77マザーを外す。

画像


外した旧マザー(P8Z68-M PRO)から
CPUクーラーを外す。

画像


サーマルグリスはArctic CoolingのMX-4。

ケースの交換時に付け、ノーメンテで11ヶ月ほど経っているが
グリスの劣化はほとんど無い様に見える。

そして、キューブケースから外した新マザー(P8Z77-M)からも
CPUクーラー(リテールクーラー改・BS-1156仕様)を外す。

画像


サーマルグリスはIntel純正クーラー(ジャンク品)に
最初から塗って在るあるヤツ。

1ヶ月ほどしか経っていないが
パサパサしてタミヤパテみたいな感じ。

CPUクーラーのプッシュピンを、BS-1156仕様に改造しようと持ったが
マザーの土台にCPUのメンテナンスホールの開いているヤツでは
クーラーの付け外し(交換)の際
かえって使いづらそう(手で持ってないと落ちそう)なので止めた。

先にCPUクーラーを付けると、マザーを固定するのに邪魔っぽいから
後で付ける事に(プッシュピンだしそれでOK)。

I/Oパネルを付けて、さくっと取り付け。

画像


サーマルグリスは今回もMX-4。

とりあえず、モニター出力は内臓GPUのままなので
ビデオカードの装着は後回し。


で、ここで”問題その1”が発生。 

配線を元に戻し、今回のマザーボード交換の
最大の関心事(目玉)である、USB3.0を接続。

しかし、マザーボード上のUSB3.0コネクタの位置と
太くて硬いUSB3.0ケーブルが気に成ったので
取り敢えずHDDを3.5インチに交換して
所定の位置に固定しようとしたら・・・見事にHDDと干渉。

画像


USB3.0ケーブルの向きを上方向や下方向に変えてみたが
解決には成らなかった。

無理やりケーブルを曲げて押し込んでやれば固定は可能だったが
ケーブルに無理が掛かるのは嫌だったので
結局、バックパネルから配線を取り回して使う事に。。。

画像


  # これじゃあZ77マザーに交換した意味が・・・。


次に”問題その2”。

交換はしたが、構成はキューブの時のままなので
モニター出力は3570Kの内蔵GPUでバックパネルのHDMI接続。

仮組み時、キューブケースでは
「どうせ直ぐ外す事に成るから・・・」と言う事で
バックパネルのI/Oシールドは使っていなかった。

しかし、本組時I/Oシールドを入れてHDMIケーブルを挿したら・・・
I/Oシールドの”外枠”にコネクターが当たって、奥まで刺さらなかった。

画像


最初は、ケースの所の出っ張りに当たってるのかと思ったが
それ以上に深刻な問題だった。

ちなみに、Z68マザーの方を見てみたら

  上段:光オプティカル
  中段:HDMI
  下段:ディスプレイポート

な配列なので、HDMIケーブルのコネクタの制約は無かった。

使ったHDMIケーブルのコネクターが大きかったのが原因なのだが
普通のサイズでも、もしかしたらNGかも?
かなりコンパクトなのじゃないと、刺さらないかも知れない。  

  こんな事に成るなら、最初からビデオカードを使う予定で
  交換前にIntelのグラフィックドライバーを消しておくんだった。

仕方が無いのでビデオカードを挿してセーフモードで立ち上げ
Intelのグラフィックドライバーをアンインストール。

  その際、何も考えずに今まで通りの配線(DVI接続)で
  作業をしたのは秘密。

そのまま再起動させて、ドライバー(Catalyst 13.1)を入れた。

画像



最後に、Cドライブ以外仮り載せだったHDDを
先日買ったSeagateの2TBに交換して、取り敢えず終了。

コネクターの向きもバッチリGood!

画像

画像

画像


あとは、細かい調整をしつつ、しばらく様子見。

  ※ IE10はどうしよう?


そして、取り外したZ68マザーは
キューブケースに取り付けた。

暫くはZ77マザーのバックアップ機として様子を見ながら
解体するか新たに再構築するかを検討。

そうこうしている間に、Intel 8シリーズ(Haswell)の情報が・・・



<追記> 2013年03月11日

Radeon HD 7790が4月ごろ出るらしい。

xx90の数字から、例によって78x0の廉価版

  機能制限したけどクロック上げて性能維持しました。
  その代わり、消費電力も上がっちゃいました。てへっ!

と思っていたので、特に興味も無かったのだが
7700シリーズのフルスペック版との噂(予想)が・・・

  同様に7800シリーズのフルスペック版(7890)も有るかも?


Z68マザーの再利用にはビデオカードが欲しいと思っているので
7770を買おうかどうしようか迷ってるんだが
噂(予想)が本当なら、ますます踏ん切りがつかなくなった(^^;

  ただ、175センチ以下のショート基盤じゃないと
  いくら魅力的でも候補から外れるけど・・・

  # 毎回ビデオカードの制約云々・・・で悩むなら
    新しいケースを買うのも有り・・・か。



<追記> 2013年03月22日

Radeon HD 7790が発表された模様。

どうもGTX650Tiの対抗らしい。

GeForceの方は、もうすぐGTX650Ti Boostが出るらしく
HD7790に対抗
とか言われてたが
HD7790が無印の650Tiと同レベルなら
こっち(Boost)の方が良いかも?

  660と650Tiの中間だが、Boostは明らかに660寄りの性能。

  ※ 昔言われていたGTX660SEらしい。

まー、結局は価格次第だが差が無いなら、やっぱ660かな。。。

  微妙ならGTX760待ちで・・・。



<追記> 2013年03月23日

Radeon HD 7790が出たことで
価格帯で被るRadeon HD 8750の1GBモデルが終息らしい。

性能では明らかに7850なので、自分も7790の価格次第では・・・
と考えてたが、”上手い(納得)”と言うか、”せこい”と言うか。。。



<追記> 2013年03月26日

GTX650Ti Boostが発表された模様。

これはRadeon HD 7850の対抗らしい。

性能は一進一退らしいが、消費電力や価格差を考えたら
素直に上位のGTX660を選んだ方が幸せに成れるかも。

Radeon HD 7790にせよGTX650Ti Boostにせよ
対抗相手(GTX650TiRadeon HD 7850)の方で
良いような気がする。

  欠点は、従来製品はどっちも品薄って処か・・・。



"New7 マザーボードとHDDの移設 そして、USB3.0とHDMIの罠" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント