エアコン、トラブルは続く・・・

正常に動いてるはずなのに、ドレンホースからの
排水が少ない様に思って、ちょっと調べてみた。

  ただ、直接ドレンホースの先から出る水の量ではなく
  ベランダから雨どいを通って下から出てくる水の量である。

そうしたら、雨どい以外の所から流れ出していることが判明。

画像


下に行って出所を見てみたら壁?から出ている感じ。

画像


2回目の設置工事の際の不手際で
壁の内側で漏れている?と思ったが
試しにドレンホースの先を一晩ベランダの外に出して
直接下に排出したら、壁から水は出ていなかったので
壁の中で漏れている・・・と言うことでは無いらしい。

と言うことは、ベランダの排水口が、ゴミなんかで詰まり掛けている
と考えるのが普通である。

ただ、掃除をするにしても、室外機をどかし
床に敷いてある人工芝をどかさないと、溝の掃除は無理。。。

最後の手段でもあり、お手軽簡単な対処法は

  雨どいに直接ドレンホースを突っ込む

事である。

と言うとで、ドレンホースの延長他を買ってきて
脚立を立てて登ったところ・・・

  ぶぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~ん

雨どいから蜂(足長蜂)が出てきてビックリ。



キンチョールの大量散布後、懐中電灯をもって中を覗いたら
雨どいの受けの部分の内側に巣が有った。

  ん~、どうしてくれよう

暗くなってきたので、今日の予定は中止。



仕方が無いので、買ってきたドレンホースに
ちょっとした改良を・・・

蜂(虫)が入ってこないように・・・と思って調べてみたら
防虫ドレンキャップ”と言う物がある事を知る。

が、値段は1個¥2~300くらいらしい。

要は、水が流れて虫が入ってこなければOKなので
去年網戸(シルバーメッシュのチョット良いヤツ)を張り替えた時の
歯切れの網を、80mm×80mmで切って、ホースの先に取り付けた。

画像



次の日

夕方見たら蜂は居なかったので作業開始。

受けを外して巣を撤去。

画像

画像


その後、エアコンの溜まり水でビショビショに成りつつ
ベランダの排水用の穴からヘドロみたいなゴミをある程度撤去。

微妙に手抜きだった雨どいの配管は
エルボを一つ足して(昨日のうちに買ってあった)見た目も良くなった。

画像

画像



その他、所々取れかかってた番線(針金)を張り直して終了。



エアコン関連もこれでようやく落ち着いたか???

  落ち着くと良いなァ・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック