2012年4月16日のチラシの裏(PCケース購入)

PCケース(SilverStone SST-TJ08B-E)購入


昨年末、Vistaマシンの後継に作ったキューブのWindows7マシンだが
PCI-E x16 のスロットの位置が悪く、ビデオカードの制約が付きまとうのと
フェイスパネルによるDVDドライブのイジェクトボタンの反応の鈍さや
今後BDドライブに変える場合のボタンがらみでのイライラ解消に
思い切って換えることにした(構想は1ヶ月半ほど)。

  ・ 現行維持のキューブ
  ・ 拡張性重視の、ミニタワー型
    候補1(JMAX JX-FM500B)
    候補2(Fractal Design Arc Mini)
    候補3(Lian Li PC-A04B)

キューブは、実際使ってる人のレポートを見て再考。

  マザーボードも同じだったので、非常に参考に成った。

ビデオカードの制約は無くなる・・・が、長すぎたり
補助電源の位置によっては、HDDとの干渉が出るらしいから
結局は制約が発生する事に。。。

CUPの上に電源が来る事で、クーラーの選択肢がほぼ無くなる事。。。

幅(奥行き)が、ATX規格ギリギリしかなく
電源24ピンのロックの位置が外側だと
コネクタを外すのに一苦労有りそうな事。。。

一見良さげに見えたが、問題点が露呈して、結局候補から外れた。


ミニタワータイプは総じてHDDが沢山積めるケースだ。

候補1は、ホットスワップベイが7個と、シャドウベイ1個で
合計8台HDDを積むことが出来る。
HDDの冷却もファンが当てられるので安心。

そして、拡張スロットは5個なのでビデオカードの2枚使いもOK。

大きさは奥行きが少し有るが、まあ良い感じ。

ただし、光学ドライブがフェイスパネル(変型タイプ)で
嫌な予感が・・・。


候補2は、HDDが6台積め、内3台は取り外して
長いビデオカードも搭載可能。

外せるHDDの箱は90度回転させて横向きにも縦向きにも置け
使用状況に合わせれる点がGood。

拡張スロットも4個プラス1個で、ファンコンなんかのブラケットが
取り付けれるのがGood。

中身も広く、メンテナンス性は良さそうだが
それ故に、候補1リーオーだとしたら
コレは、トールギス並みにデカイ。

ミニタワーと言うより背の低いミドルタワーと言った感じ。

しかも、かなりしっかりとした作りらしく、重さも相当ある。

コンパクトとは言い難く、今ある所には置けそうも無いので
くやしいが候補から外れた。


候補3は、スペックだけ見れば候補1にが似てるが
材質がアルミのケース。

HDDは7台積めれて、12センチ角の冷却ファンも
2個しっかり有るのだが、風通しの穴が小さく(少なく)
これで冷却の効果が有るの? と思える作り(形状)。

どういう設計思考なのか、リアにはスリットなどの穴も一切無く
リアファンは12センチではなく8センチ。

フロント周りは良さげだが、リア周りが残念。

あと、電源スイッチ等が天板の少し奥にあり
上に物を載せる予定があるから、この位置では問題外。

これも候補から外れた。


結局、一長一短で絞りきれなくて
ふと思い出した別候補が急浮上。


SilverStoneの倒立ケース
SST-TJ08B-Eと、その廉価版のSST-PS07B

本体は同じで、違いは搭載ファンが
SST-TJ08B-Eが、18センチ角の徹甲弾ファンが1個
SST-PS07Bが、12センチ角の普通のファンが2個。
フロントパネルが
SST-TJ08B-Eが、アルミ
SST-PS07Bが、プラスチックで厚みがあり
この分奥行きが15mm大きくなっている。

いろいろ迷ったが、廉価版のフロントパネルのデザインの
左側の縦の凹凸や、左右対称でないデザインに
見てる内、段々萎えてきた。

と言う事で、標準デザインのSST-TJ08B-Eに絞って
いろいろと検索してみた。

コレなら行けそうかも? と思い
価格比較サイト等で見ていたが

  コレって最寄のコンプマートにも有った様な?

と思い見に行った。

(中略)

送料もろもろ込みの最安値より¥300ほど高かったが
持ち帰り可能と言う事で、即決して買ってきた。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック