MSI N250GTS Twin Frozr 1G OC V2 (その1)

今まで使っていたECSの9800GT-GE(512MB)から
先日購入したMSIのGTS250(1GB)に交換した。


先ずは交換前にHDDのバックアップ(クローン)。
クローンのシステムドライブで、ドライバーなんかの検証。

  噂のVer196.21や195.81bataなんかをチェック。

それと、MSIを買ったのだから
「Afterburner」も使ってみる。

  付属のCD-ROMからではなく
  HPより最新(Ver1.4.1)をダウンロード。


あと、今使ってるGoogle Earth(Ver4.2)が使いやすいので
ずっと使ってるのだが、”バージョンアップせよ”の
ポップアップがウザイので、最新のはどうか?
で、試しに入れてみる事に。

  さてさて


HDDのクローン作成後、旧ドライバーをアンインストール。
ドライバークリーナーやレジストリークリーナーを実行。
ビデオカード交換。

  9800GT-GE → GTS250

電源を入れる・・・・・・

  ブオォォォォォォォォォォォォォォォォ

どうやら、ドライバーを読み込むまで全開するタイプの様で
ずーーーーーーーーーーーーーと五月蝿い。

  HISのHD 5770(卵型)ECSの9800GT-GE
  そして、Galaxyの9800GT-LowPowerでさえ
  五月蝿いのは最初の1~2秒だけだったのに
  (ECSのは全開でも気に成らない)
  一昔前の仕様みたいで、コレはちょっと戴けない。

それはそれとして
気を取り直して、ドライバーをインストール。

  とりあえず最新のVer196.21

インストール自体は特に問題無し。

爆音だったファンも、ドライバーが読み込まれれば
とても静かだ(27%)。

情報通り、ダウンクロック機能も有った。

ただし、アイドル時39度前後(室温22度)と
期待してたよりはチョット高め。

  基準がECSの9800GT-GEだからか?
  室温が22度なら、温度は32度くらい。

ファンが27%でしか回ってないのが原因かと思って
35%まで上げてみたが、温度は変わらなかったので
コイツはこの程度・・・と判断。

 
で、噂のクロック調整が出来ない・・・を検証。

よく使うのはEVGAのPrecisionだが
折角なのでMSIご自慢のAfterburnerを入れてみる。

うがっ・・・

デカイ!

  フルHDの画面半分も使うのかよ。。。

検証するだけなので、まあ良いか。。。

  .
  .
  .

終了。

情報通り、クロックの調整は出来なかった。

  EVGAのPrecisionでも確認。

と言う事で、Ver196.21は使わない事に決定。

ちょっとだけ使って見たが、落ちる、固まる等のトラブルは
無かった。


<追記>

オーバークロックできない云々の情報
結構出始めてるみたいだが
その中で、Afterburnerだけは可能
みたいな事が書かれていた。

  手持ちのVer1.4.1では出来なかったんだが・・・
  リンク先のはベータ版のVer1.5.0みたいだから
  それで出来たんだろうか?


中略


次は、ベータ版ながら安定していると云う、Ver195.81。


中略


Good!

暫く普通に使ってみたが、噂通り特に不都合は無い感じ。

  クロックの調整も出来た。

コレでも良さそうだが、やっぱベータ版はチョット・・・

ベンチ比較なんかの事も有るので、当初の予定通り
ドライバーは、Ver181.07を使う事で決定。


そうそう、Google Earthを最新にアップデート。

  # 現在は4.2.0205.5730
    最新は5.1.3509.4636
    らしい。

Ver5以降、3Dの傾きの仕方が変わり
遣い難く成って使ってなかったが
5.1でも相変わらずだったので、やっぱ止める事にした。

  建物のなんかのグラフィックが
  無駄に良く出来ているのには感心したが。。。


と言う事で、クローンHDDの役目は終わり。

HDDを元にのに戻して、今までと同じドライバー
(Ver181.07)で使う事にした。

また、オーバークロックツールは
MSIのAfterburnerより、使い慣れた
EVGAのPrecisionで決定。

Google Earth も、今までどおり4.2で使う事に。

以上。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック