CPU交換 (Core2Duo E8400 → Core2Quad Q9550)

メインマシンのE8400を、訳あってQ9550に替えた。

E8400で9800GT-GEの2枚挿しを試して
MITでオーバークロック設定(400MHz×9)したところ
どうも設定が反映されていない(333MHz×9のまま)事に気がついた。

その後、ビデオカードを1枚挿に戻してもダメ
C-MOSをクリアしてもダメ
設定をデフォルトに戻して、再設定してもダメ
BIOSを入れ替えても(入れ直しても)ダメ
コネクターやメモリー、カード類の挿し直しをやってもダメ
メモリーテストもやったが異常なし。
何をやってもダメダメだった。

  一度だけ、設定が反映された事が有ったが
  夜電源を切って、次の日に点けた時、また元に戻っていた。

E8400装着後に、オーバークロック検証をして以来
ずっと定格で使ってたから、どの段階で、何が原因で
不調に成ったのかは不明。

ただ、最近、起動直後に、ファンが全開で回る事があり
その時の室温が14度以下だったので、寒いのが原因かと思って
特に気にしては居なかった。

  起動後2~3分すると、全開はしなくなる。


また、正月前後にコレとは別件で
年末にQ9550でNewマシンを導入した友達に聞いてみたが
E8400を3.6GHzまでOCさせた時と、ほぼ同等らしい(※)・・・
と言う事が判った。

  ※ DVD Shrinkで、容量の近いファイル(6.73GBのISOファイル)の
    一層化にかかる時間の計測を依頼。
    試したファイルの大きさは8GBほどのヤツらしいが
    同条件での結果は、10分9秒だったとの事。

    これでは良く判らないので、1GBシュリンクするのに
    かかる時間を計算すると・・・

       E8400@3.00GHz:92.053秒/GB
       E8400@3.60GHz:78.690秒/GB
       Q9550@2.83GHz:79.373秒/GB

    と言う結果(計算)が出た。

この時点では、Q9550に替えなくてもE8400のOCで良いや・・・
と考えていて、それを実行しようと思った矢先・・・の事であった。

  # 最初の”訳あって”がコレ。



年明けに、コンプマートにQ9550(旧パッケージのE0ステッピング)が
1つだけ有るのを確認はしていたが
まさか自分が買う羽目になるとは思っても居なかった。

  ¥24980+小物(¥727) → エイデンのカード会員優待割引券
  ¥5000の買い物で¥500引き5枚使って
  トータル¥23207で購入。

価格比較サイトも見てみたが、諸費用とかも考えると
今回はコンプマートで買うのが一番安そうだったので
決断はソコソコ早かった。

  1.E8400を、諦めて定格で使う
  2.E8400で、OC設定が有効に成るまで悪あがきする
  3.Q9550を買う(買ってOCも試す)
  4.その他(Core i系で新規で組む)


そもそも・・・流石にCore2のE8x00やQ9x50は
この時期、何処も在庫は持ってない感じだ。

  このクラスはCore i に完全置き換え状態。

買う前にグッドウィルにも行ったが、E8400とE8500
Q9550sとL2半減の廉価版Quadが有るだけだった。

  ※ エイデンの割引券×5枚を使う予定だったので
    グッドウィルで買うつもりは無かったが(^^;

    Q9550一択で見に行ってるから
    他に何が有ったかはうろ覚え(^^;
    POPは有っても、”在庫切れ”のヤツもあった。

P45のマザーに関しても、刈谷のグッドウィルは壊滅
豊田のグッドウィルで、展示品?のヤツが¥1000引きで
1個(GA-EP45-UD3R)有るだけだった。

  いよいよ世代交代か。

  でも、廉価版のLGA775は未だ生き残るらしいから
  P45+DDR3のマザーが、今後出て来そうではあるが・・・。



と言う事で、Core 2 QuadのE9550を、今更ながら入手。

最後の最後に、もう一度E8400の悪あがきをしたが
MITのOC設定は反映されなかった。。。

で、手間がかかるし、夜も遅いので、E8400の付け直し検証はパス。

とっととQ9550と交換して、動作チェック。

画像

画像

画像

画像

画像


尚、使う予定は無いが、今回のリテールクーラーは
foxconn製の銅柱埋め込みで、0.14Aのファンだった。


  <中略>


定格動作(333MHz×8.5)問題なし。

OC設定(400MHz×8&8.5)問題なし。

上記のDVD Shrinkの一層化

  Q9550@333x8.5(2.83GHz):7分01秒
  Q9550@400x8.0(3.20GHz):6分22秒
  Q9550@400x8.5(3.40GHz):6分05秒


 <参考、先日取り直し= CPU以外同一環境>

  E8400@333x9.0(3.00GHz):10分20秒
  E8400@400x9.0(3.60GHz): 8分48秒

だった。

計算より速く成ったのは、嬉しい誤算?である。

  でも、元々買う気は無かったヤツなので
  無駄な出費・・・と言うべきか?

とりあえず現在は400x8.5で様子見(放置)。

  通常使用なので、落ちる事も無いと判断。
  てか、この程度で落ちる様だと、それはそれで・・・以下略。



ただ、CPUクーラーの音が五月蝿くなった(回転数が上がった)。

  アイドル時:E8400@940rpm → Q9550@1270rpm
  (ほぼ無音 → 耳を澄ますと音が聞こえる)

  ※ 室温21度、エアコン無し、グラファイトヒーター@Level-2

TDPが65Wから95Wに成って、2コアの時より
発熱が上がっての事だろうけど
この時期コレでは、夏場、どれ位に成るか心配だ・・・。




<追記 2010.01.15>

Q9550でも、OC設定が定格に戻る事が発生した。

  交換して、試しに400×8.5で放置していたが
  点検でサイドパネルを開けたまま様子を見てて
  サイドパネル閉めようと思い、一旦シャットダウンして
  サイドパネルを閉じて、電源を入れたら・・・
  起動直後一回コケて、デフォルトに戻った。。。


どうも、CPU側の問題じゃなく
マザーボード絡みな気がしてきて
嫌な予感がしたが、アレコレしてたら
ちゃんとCO設定が有効に成って一安心。


で、今回試した対策のメモ書き

何らかの拍子で、MITの設定が効かなくなった

  1.BIOSの画面 → デフォルト設定の呼び出し
    (又はCMOSのクリア※)
  2.MIT以外の項目を設定
  3.Windowsを起動
  4.シャットダウン
  5.電源ユニットの主電源をOFF
  6.電源ユニットの主電源をON
  7.起動(起動直後一回コケる) ← ココが重要っぽい
  8.BIOS画面 → MITを設定

保存後の再起動で、MITの設定は有効に成った。

  ※ ”MOSのクリア”は
    マザーボード上の電源ポタンを押そうと思って
    間違ってCMOSのクリアボタンを押してしまったため
    コレが必要かどうかは不明(^^;

その後、何度か起動・シャットダウンをしているが
設定が戻るという事は発生していない。

戻る原因は不明だが、もしかしたら
サイドパネルをはめる際、静電気(※)みたいなのが発生して
それが原因で?・・・の様な気がしないでもない。

  ※ バチってくる感覚は無し


この記事へのコメント

kaz
2010年09月25日 04:10
こんにちは。
亀レスですが、私もGA-G33M-DS2RでMIT設定が適用されない現象に出くわしましたが、USB HDDを接続しない事と、BIOSでUSB MouseをDisableにする事でオーバークロック状態で起動出来るようになりました。

この記事へのトラックバック