ビデオカード交換 (9600GT-GE → 9800GT-GE)

先日買ったECSのN9800GTE-512MX-F (9800GT-GE 2枚目)を
9月某日に売りに行ったGalaxyの9800GT-LowPowerの代替として使ってた
ELSAのGLADIAC 796 GT SP (9600GT-GE)と改めて交換した。

画像

画像

画像



ケースを被せた時のアイドル温度は、37度前後(エアコン無し、室温27度)で
メインマシンで使ってる1枚目のが、同じ部屋で41度前後なので
冷却に関しては文句無し。

  ※ 9800GT-LowPowerに関しては、6月2日を参照。


ドライバーはとりあえず、鉄板の186.18

GPU-Zで見るBIOSのバージョンは
1枚目の9800GT-GEが62.92.63.00.87
2枚目の9800GT-GEは62.92.84.00.06だったので
少し新しく成ってるみたい。

画像


詳しいベンチ結果は、後ほどまとめる予定だが
通風孔を無理やり塞いで、FurMarkeで負荷をかけたら
60度を超えると回転数が上がり始め

 60度までは35%
 61度39%
 62度43%
 63度47%
 64度52%
 65度56%
 66度60%(ここまでを確認)

と成った。

  ちなみに、当時の1枚目の実験では、70度を超えると
  回転数が上がったような気がするが、ちょっと記憶が定かではない。

気に成ったので、1枚目が付いているメインマシンでFurMarkをかけてみたが
どんなに悪条件にしても、今日みたいな涼しい日(エアコン無し、室温27度)だと
コア温度は63度止まりだったので、これ以上の検証は諦めた。

1枚目のは、63度に成っても回転数は変わらないので
2枚目(最近のロット)では、何らかの仕様変更が有ったのかも知れない。

  厳密に言うと、ドライバーやOSが違う(1枚目は190.62でXP)なので
  このせいかも知れないが、何とも言えない。

昼間で暑い日ががあれば、再検証してみたいと思う。



<ドライバーに関しての追記> 186.18以外はどうか?

186.18以降の190番台では、負荷を掛けた後
ファンの回転数が上がったまま、温度が低くなっても下がらない
と言うバグが有るようなので、ELSAの9600GT-GEに続き
ECSの9800GT-GEでも試してみた。

結果は、9600GT-GEと同じ結果と成った。

  ※ 190.62 で下がらないのを確認。
  ※ ただし、その状態からファンを手動で100%にすると
    一瞬全開で回るが、ほどなくして回転数は落ちていき
    最終的にはデフォルトの状態(35%)まで落ちた。


また

  ※ ECS の9800GT-GEはどのバージョンでも問題なし。

を少し前に書いたが、どうもこれは、単に1枚目の9800GT-GEが
ファンの回転数が上がるまで、コア温度が上がらないのが要因みたいなので
ここで訂正しておく。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック