Core 2 Duo E8500(E0) ベンチ結果等

E7400に続いてE8500である。

立て続けに実施したため、今回も行うのは
FF11とスーパーπのみ。


マシン構成は
マザーボード:GA-G33M-DS2R
CPU:Core 2 Duo E8500
VCore:1.25000V
ビデオカード:GeForce 8600GT (OC仕様)
ドライバー:ForceWare 178.24(WHQL)
メモリー:DDR2-800 (2GB×2)
OS:Windows Vista SP1


[FF11ベンチV3]

E8500@3.16GHz(333x9.5) H:8034/L:10597
E8500@3.40GHz(400x8.5) H:8150/L:10915
E8500@3.60GHz(400x9)  H:8532/L:11134

定格(3.16GHz)が高いのか、3.4GHzが低いのか?
微妙な感じ。

今までのE4600@2.88GHz(240x12)で
Hが7500程度だったので、こんなもんと言えば
こんなもんなのかな?

ビデオカードを、Radeon HD 4670か
オーバークロック仕様のGeForce 9500GT
に換えれば、違ってくるかも知れない。。。

  そう言えば、GeForce 9550GTの話
  どうなったんだろう?

  # ま、次世代の話もあるし
    今更感があるから、どうでも良いと言えば
    どうでも良いかな・・・


[スーパーπ]

今回も、104万桁だと、差が少ないので、838万桁まで測定

                 104万/209万/419万/838万(桁)
E8500@3.16GHz(333x9.5) 15秒/37秒/1分27秒/3分17秒
E8500@3.40GHz(400x8.5) 14秒/34秒/1分21秒/3分05秒
E8500@3.60GHz(400x9)  13秒/32秒/1分17秒/2分58秒

と成った。

E7400の時と違って、クロックを上げれば
それなりの結果が出た。

ちなみに、旧Core 2 Duo(E4600)の結果だが・・・
記録が残ってないので、比較が出来ない(^^;

メインマシンのE7400との比較に成るが、今度は
E7400をオーバークロックして3.5GHzにしても
E8500の定格(3.16GHz)の方が
遥かに成績が良かったのには驚いた。

どうもスーパーπは、L2キャッシュの容量で
測定結果にかなりの違いが出るらしい。

まあこれなら、無難に定格で動作させ
省電力マシンに仕立てた方が良いような気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック