Core 2 Duo E7400(R0) ベンチ結果等

毎回面倒臭いので、今回は適当に(^^;

行うのはCPUベンチに近いFF11とスーパーπ
くらいで。


マシン構成は
マザーボード:GA-P31-DS3L
CPU:Core 2 Duo E7400
VCore:1.25000V
CPUクーラー:峰クーラー改(風拾2000rpm)
ビデオカード:GeForce 7900GS (OC仕様)
ドライバー:ForceWare 94.24
メモリー:DDR2-800 (2GB×2)
OS:Windows 2000 SP4


[FF11ベンチV3]

E7400@2.80GHz(266x10.5) H: 9367/L:11267
E7400@3.33GHz(333x10)  H:10122/L:11961
E7400@3.36GHz(320x10.5) H:10080/L:11973
E7400@3.50GHz(333x10.5) H:10300/L:12070

333x10と320x10.5で、微妙な数値に成ってるが
ベースクロックに違いがあるため、どっちがどうとは
言えない感じ。

  気分的には333x10の方がスッキリした印象。

そして、遂にHで1万超えが出た。

前回のレポートは約1年前で
E4400を3GHzにオーバークロックして
尚且つ、OC仕様のビデオカード(7900GS)を
更にオーバークロックさせても
Hで1万は超えなかったのに
今回、あっさり超えてしまった。


[スーパーπ]

スーパーπは、104万桁だと、差が少ないので
838万桁まで測定

                 104万/209万/419万/838万(桁)
E7400@2.80GHz(266x10.5) 18秒/44秒/1分47秒/4分20秒
E7400@3.33GHz(333x10)  15秒/37秒/1分34秒/3分41秒
E7400@3.36GHz(320x10.5) 15秒/38秒/1分37秒/3分43秒
E7400@3.50GHz(333x10.5) 16秒/39秒/1分47秒/3分49秒

と成った。

333x10.5の結果が、イマイチ納得できないので
何回かやり直したが、何回やっても
333x10より、良い結果は出なかった。

  何故だろう?

ちなみに、旧Core 2 Duo(65nm)の結果だが

                 104万/209万/419万/838万(桁)
E4400@2.00GHz(200x10)  29秒/66秒/2分36秒/6分00秒
E4400@3.33GHz(333x10)  19秒/46秒/2分00秒/4分47秒
E4700@3.46GHz(266x13)  18秒/42秒/1分47秒/4分02秒

と言うのが残っていた。

参考に成るのは、3.33GHzだろうか。
同じベースクロック×倍率の設定だが
コアの差か、2Lキャッシュ容量の差かは判らないが
まるで違った結果になっている。

E4x00をオーバークロックして3.33GHzにしても
E7400の定格(2.8GHz)の方が成績が良かったのには
驚いた。

ここは無理をせず(限界チューンはせず)
333MHz×10で使うのが良いだろう。

  ギリギリ3.5GHzで使えない気持ちで
  もやもやしてたが
  なんかコレでスッキリした感じだ。

何より、E4700の最高設定より
E7400の安全設定の方が成績が良いので
納得して使う事が出来そうだ。



次は、VistaマシンのE8500について。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック