ビデオカード交換(9600GT)・・・でもその前に

HDDのコピー(クローン)が出来たので
セティングを開始。

先ずはそのまま起動させて、要りそうなデータ

  INF・アップデート・ユーティリティー
  9600GTのドライバー(ASUSサイトよりDL)
  DirectX

なんかをコピーして置き、現在の(7900GS)ドライバーを削除。

  一応、Driver Cleanerを使って完全消去。

ここで終了させ、やっとビデオカードを交換。

あまり大きく感じられなかった EN9600GT BL だったが
実際に比べてみると、やはりちょっと大きいように思えてきた(^^;

画像

画像


交換する歳に、今まで使わなかった
PCI-E用の6ピンコードを、解いて
使える位置まで持ってくる。

画像


いやあー、最短でギリギリの長さ(^^;

しかも、コネクターの手前に巨大なフェライトコアが付いてるから
先端から4~5センチくらいは曲げられなくて
かなり後ろの方(HDDベイの奥)まで入って難儀した。

それに合わせて、他のケーブルも配線の見直し。

メインの24ピンは、最近流行り?の裏側通しでスッキリ!?

でも、4ピンのケーブルがそれを台無し(^^;

画像


ビデオカードをマザーボードに挿して
PCI-E の6ピンケーブルを挿したら
ケーブルの重さで、基盤がかなりしなった(ォ

コリャいかん・・・と言う事で、何か台に成りそうな物を探した。

有った。

昔、CRTモニターの上に物を置けるように
板を載せていた時の”調整足(後ろ)”だ。

ただ、それだけでは高さが足りなかったので
もう一つのヤツのMCナイロンを1個貼ったら
ばっちぐうな高さに成った。

画像


とりあえず、下ごしらえは終了。



HDDを繋ぎ換え(元のHDDは未接続)起動。

相変わらず、DS4は、パーツを交換すると
一発では起動しなく、一回必ずリセットが掛かる。

まあ、その後はちゃんと起動する。

ドライバーが入っていないのでVGAモードで起ち上がる。

  その際、デスクトップがグチャグチャになるのが憂鬱。。。

まあ、気を取り直して、ドライバーなんかのセットアップ。

先ずはINFのユーティリティー。

マザーは変ってないので、必要ないと思ったが
やっぱり必要なかったみたい。

次に9600GTのドライバー。

公式にはWindows2000のドライバーは出ていない様なので
ASUSから落とした最新の日付の物(Version.175.19)。

それと、DirectXの再セットアップ。

一応、問題なく終了・・・と思ったが
タスクバーに常駐するnVidiaのヤツを消すと
画面のプロパティーの設定の詳細の9600GTが使えない。。。

出てくるエラーメッセージを検索するなどして
調べた結果、Windows2000では
NVIDIAコントロールパネルが使えない(異常終了する)らしい。

とりあえず、調べた所のを参考に
レジストリを弄ってNVIDIAコントロールパネルを復活。

コントロールパネルのツールの所で
[デスクトップ コンテクスト メニューを有効にする] に
チェックを入れないと、自分の様な問題が起こるらしい。

  自分はココのヤツを、2つ共チェックを外して往生した。

その後は至って普通で、問題なく使える感じ。


デスクトップは相変わらずグチャグチャだが
気にせずベンチなんかを測定(^^;


<つづく>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NVIDIAコントロールパネル が Windows2000で使える件

    Excerpt: NVIDIA PhysXを起動しようとしたら、どうやら、NvCplUI.exe、つまり、NVIDIAコントロールパネルが呼び出されていることが分かりました。そこで、System32 の nvcplui.. Weblog: 黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition racked: 2009-09-10 07:30