P31&E7400 vs P45&E7400

今回は同じ構成でも、チップセットが変るとどうなのか?
の検証。

行うのは、FF11とスーパーπ、DVD Shrink。

構成は前回から、ほぼマザーボードを変えただけ。

マザーボード:GA-EP45-DS4
CPU:Core 2 Duo E7400
VCore:1.25000V
CPUクーラー:峰クーラー +SS-AGGREEASE
ビデオカード:GeForce 7900GS (OC仕様)
ドライバー:ForceWare 94.24
メモリー:DDR2-800 (2GB×2)
OS:Windows 2000 SP4

(※) 室温25度(エアコン有り)、サイドパネルクローズド。
(※) メモリーは800MHzに成る様(3.00A又は2.40B、2.50A)に設定。
(※) 峰クーラーに付けていた風拾の2000rpmだが
   DS4の電圧制御だと、回りすぎるので
   付属の1500rpmのヤツに戻して使う事に。

   DS3L(2000rpm):電圧制御のアイドルで1150rpmくらい
   DS4(2000rpm):電圧制御のアイドルで1450rpmくらい
   DS4(1500rpm):電圧制御のアイドルで1100rpmくらい


[FF11ベンチV3]

E7400@2.80GHz(266MHzx10.5) H: 9511/L:11379
E7400@3.33GHz(333MHzx10)  H:10207/L:12039
E7400@3.36GHz(320MHzx10.5) H:10090/L:11905
E7400@3.50GHz(333MHzx10.5) H:10374/L:12149



[スーパーπ]

                 104万/209万/419万/838万(桁)
E7400@2.80GHz(266MHzx10.5) 18秒/44秒/1分47秒/4分20秒
E7400@3.33GHz(333MHzx10)  15秒/37秒/1分34秒/3分41秒
E7400@3.36GHz(320MHzx10.5) 16秒/39秒/1分35秒/3分57秒
E7400@3.50GHz(333MHzx10.5) 15秒/36秒/1分35秒/3分35秒



それと、こちらも測定してみた。

[DVD Shrink] C.C.S. Vol.07 一層化

  E7400@2.80GHz(266MHzx10.5) 11分28秒 CPUコア温度:46~49度
  E7400@3.33GHz(333MHzx10)  09分44秒 CPUコア温度:47~51度
  E7400@3.36GHz(320MHzx10.5) 09分53秒 CPUコア温度:47~51度
  E7400@3.50GHz(333MHzx10.5) 09分23秒 CPUコア温度:48~52度


と、チップセットが変っただけだが、全ての結果について
僅かだが、性能アップが見られた。


試しに「CrystalMark09」でベンチを走らせてみて
過去の記録と照らし合わせたら
メモリーの数値が、1割ほどUPしているので
コレに起因すると思われる。

    <E7400@3.33GHz(333MHzx10) GA-EP45-DS4
画像


    <E7400@3.33GHz(333MHzx10) GA-P31-DS3L
画像


    <E4700@3.33GHz(333MHzx10) GA-P31-DS3L>(参考)
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック