GeForce 7600GT (その3)

<GeForce 7600GT のベンチ結果>

先日入手した中古のELSA GLADIAC 776 GT 256MBだが
取り敢えず、ベンチを取ってみた。

測定方法は前回のGeForce7900GSや、6600GTと同じ。

CPUがCore2DuoのE4400からE4500に変ってるが
動作クロックは前回の333MHz×9で揃えてみた。

今回、GPUコアのオーバークロックもRivaTunerを使用。

TEST動作の時、661MHz設定にした際、フリーズしてしまったので
安全を見て631.80MHz(632MHz設定)で行った。


<製品仕様=定格>
コア:561.60MHz
メモリー:702.00MHz

<オーバークロック>
コア:631.80MHz (プラス70MHz)
メモリー:702.00MHz(実速度1404MHz)

  表示クロックは、RivaTuner読み。


[測定環境]

CPU:Core2Duo E4500 3.0GHz(333MHz×9)
CPUクーラー:峰クーラー改(風拾2000rpm)
GPU:GeForce 7600GT 256MB
GPUクーラー:ELSA オリジナルクーラー
ドライバー:ForceWare 94.24
OS:Windows2000 SP4
気温(室温):24
GPUアイドル温度:49度(RivaTuner読み取り)

  ※ ファンの制御は、ビデオカードのデフォルト値で測定。


[測定結果]

先ずはFF11ベンチV3

561.60MHz:H-8833/L-11239 (製品仕様)
631.80MHz:H-8990/L-11334 (オーバークロック)

相変わらずLは頭打ちの感じ。

H70MHzオーバークロックしてる割には
それほど差が無い感じだ。

尚、測定時GPUコアの最高温度は

561.60MHz:55度 (製品仕様)
631.80MHz:55度 (オーバークロック)


次は、ゆめりあベンチ
解像度は1024x768で、画質は最高

561.60MHz:すこあ 24858 (製品仕様)
631.80MHz:すこあ 27140 (オーバークロック)

これはそれなりの差が開いた模様。

測定時GPUコアの最高温度は

561.60MHz:69度 (製品仕様)
631.80MHz:72度 (オーバークロック)

だった。


ドラゴンナイト4のベンチマークは

[ALL-High]
561.60MHz:288.27pt (製品仕様)
631.80MHz:291.79pt (オーバークロック)

[ALL-Middle]
561.60MHz:397.71pt (製品仕様)
631.80MHz:408.95pt (オーバークロック)

6600GTと7900GSの中間より、若干下な感じ。

測定時GPUコアの最高温度は

561.60MHz:64度 (製品仕様)
631.80MHz:65度 (オーバークロック)

だった。


タイムリープぶーとベンチ

解像度は1024x768で、アンチエイリアスをx4ON
画面モードはフルスクリーンが共通で、チェックの所は

1
セルフシャドウをOFFで、その他全てをON

2
全てのチェックをON

3
HDRをOFF、その他全てをON

で測定した。

  測定結果は、<1>/<2>/<3>の順。

561.60MHz:39FPS/28FPS/51FPS (製品仕様)
631.80MHz:41FPS/29FPS/54FPS (オーバークロック)

相変わらず重たいが、6600GTよりはマシな感じ。
オーバークロックしても大差無し。

測定時GPUコアの最高温度は

561.60MHz:66度 (製品仕様)
631.80MHz:68度 (オーバークロック)

だった。


まあ、大方の予想通り
6600GT以上、7900GS以下の結果に成った。

問題はVistaでどれくらい使えるか・・・なのだが。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック