Nweキューブ用に買ったCPUは・・・

Core 2 Duo E4600(2.4GHz)にした。

一応、Pentium Dual-Core E2200(2.2GHz)と
Core 2 Duo E4600(2.4GHz)の2択だったのだが
更なる調査で、865Gや945GCなんかの
古いチップセットは、CPU倍率の変更が出来ないらしく
今回買ったマザー(775i86G)は、チップセットの仕様上
FSB266の場合、メモリーは2/3(1066÷3×2=710)
で動作するらしい。

構想としては、FSB300(1200÷3×2=800)
で使いたかったのだが、E2200だと
倍率は11倍なので、FSB300にすると
CPUの動作クロックは3300MHzに成ってしまう。

だから、倍率を10~8倍に落として使おうと思っていたが
倍率が調整できるのは、965以降(Core2Duo発売以降)
のチップセットに限る・・・と言う事の様だ。

  因みにP31は倍率が調整できたから
  Core 2 Duoなら全て出来ると思っていた。

まあ、買って、最悪FSB300で動かなくても
今使ってるE4400と交換すれば・・・とも思ったが
アレコレ考えて、FSB800物で最高クロックの
Core 2 Duo E4600(2.4GHz:倍率は12倍)に決定した。

購入価格は\17580。

前回の調査時より、\400ほど下がっていた。

  因みにE2200は\11280だった。

しかし・・・

家に帰って箱を開けたが、何かハズレっぽい雰囲気。

箱を持った時「何か軽いな?」とは思っていたが
CPUクーラーのヒートシンクが、銅柱のタイプじゃなくて
ただのアルミの塊だった。。。

画像


更にフィンは、ファンの爪を引っ掛けるきり欠きが
加工中に詰まった感じで、ひしゃけてた。。。

画像


そして、ファンは、五月蝿いと評判のNIDECの0.20A。。。

画像


しかもファン裏の加工精度は韓国産?の様なバリバリ・・・

極めつけは、CPUのヒートスプレッダの表面に
出荷前の動作チェック?と思われる工程で
ヒートシンク?を”着けた外した”のキズが有った事。

画像


最後のは、ポジティブに考えれば”抜き打ち検査”の一品だが
ネガティブに考えると、”選別品(上位モデルの選別落ち)”
とも言えるので、どっちにしても、あまり良い気はしない。

  しかし、ヒートスプレッダにはE4600の刻印が
  されてるので、後者は無いかな?

   # 選別後に刻印をしたのかも知れないが
    疑い出したらキリが無いから、止めよう。

とりあえずCPUは、Newキューブのソケットに装着して
先日作ったCPUクーラーを載せてみた。

画像


しかし、未だ従来キューブが使用中で
メモリーが外せれないから現状はココまで(^^;

と言いつつ、今日で5日目・・・

先週末から忙しいが、今週末には
組みたい処・・・

画像


あと、念のためHDDも買っとくかな。

160GBのIDEにするか、250GBのS-ATAを買って
1.5Gbモードで使うか・・・で、また悩むなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック