Core2Duo E4400を更にオーバークロックしてみた

巷ではE4600(2.4GHz)が出たり
Conroeベースでは最終とも言われる
E4700(2.6GHz)が年明けに出るとの噂があるが
家ではE4400(2.0GHz)である。

買って3ヶ月ほどしか経っていないが
実際使い始めたのが9月以降なので
未だ2ヶ月も使っていない。

今まではFSB266MHz×10倍=2.66GHz
で使っていたが、ここ数日、涼しくなってきたので
思い切ってFSB333MHz×9倍=約3GHz
にしてみた。

室温21度で、軽負荷48度~54度
高負荷55度~59度ほどで安定中。

ベンチをかけると64~68度ほどまで上昇するが
この数値は、9月ごろの2.66GHz使用時と
然程変らない数値だ。

面白い事に、なーじゃベンチのスコアが
30FPSから、40FPSに上がった事。

色々試してみたら、どうも2850MHz(FSB285×10倍)
辺りから徐々に上がり始め、2900MHz(FSB290×10倍)
の辺りで40FPSの頭打ちに成る模様。

もしかしたら、次の段階で50FPSに上がる境が
有るのかも知れない。

2~3日使ってみたが、コア温度に関しては
それほど心配は無いようだ。

暖房を使うまではコレでいってみようと思う。

使用感に関しては、2.66GHz時でも十分だったが
3.0GHzで更にレスポンスが上がった感じ。

特にGoogle Earthを使った時の表示が
明らかに高速に処理されている感じで
ツアー等の長距離ジャンプでも直ぐに
マップが表示され、イライラがかなり減った。

どうもGPUを高速のに換えるより
CPUを換えた方が良さそうな感じだ。

かと言って、未だ2ヶ月ほどしか使っていない
CPUを買い換えるのは何だし、取り合えず
3.0GHzで常用できそうだから、もう暫くは
これで我慢しようと思う。

年末~年が明ければ、45nmのCPUが出るので
E8400(FSB333MHz×9倍、L2=6MB)辺りを
狙うのが良いかも。

問題は、現状CPUで相当クロックに到達している事と
オーバークロックを試す際、現状マザーボード(P31)では
許容オーバーに成るので、何処まで絶えられるか・・・
である。

売って新しいのを買っても良いが、またOSのインストールを
しなきゃ成らんので、面倒くさいし・・・

  INFアップデートだけで済めば良いが

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック