GA-P31-DS3Lを組み立てる <その5>

<WindowsUpDateでトラブル?>

NewマシンのWindowsUpDateが終わった。

SP4を当てるまではインターネットには繋がないで
保存してある、SP1、SP2、IE5.5、WMP9、DX9なんかをインストール。

最後にSP4をインストールしてから、インターネットに繋いで、IE6を入れ
一通り使えるように調整して、これから行うWindowsUpDateに備えて
バックアップを取った。

  結果、バックアップを取っておいて本当に良かった。

そして、いよいよUpDate開始。

古い順に、何度も再起動をさせられながらも、何とか終了。

順調と思われたが、何かがおかしい・・・

何かCPUのコア温度が高い気がする。

  今まで40~43度だったのが56~58度に成って居る。

CPU-Zでクロックを見てみたら、アイドル状態に成ってもC1Eが効いてないらしく
クロックが下がらない模様。

何時の間にか変なウイルスやスパイウェアが混入して、バックグラウンドで
何かしてるのかと思って色々調べたり、駆除を試したりしたが、症状は変わらず。

と言う事で、WindowsUpDateで、何か変な事になった模様。

仕方が無いので、バックアップを取ったヤツを復元して、再チャレンジ。

今度は古い物から順に1個づつUpDateしていった。

1個入れる度に再起動がかかるのには泣けてきたが、原因究明には致し方ない。

何個か入れてった後に、「Windows2000 SP4 更新プログラム ロールアップ1」
成るものを入れた後、異変が起こった。

再起動をかけると、C1Eが効かなく成っていた。

試しにアンインストールしたら、アイドルでクロックが下がったから
コレが原因と見て間違いない。

しかし、未だ1/3くらいしかUpDateは終わっていないから、残りのプログラムにも
C1Eが効かなく成るようなバグや仕様が有るかも知れないので、このまま1個づつ
入れていく事にした。

鬱陶しいから「Windows2000 SP4 更新プログラム ロールアップ1」を
”非表示”にしたら、個別のプログラムが表示されて、20個ぐらい増えた。。。

途中、くじけそうに成って”2~3個まとめてUpDateしてやろうか”と思ったが
問題が出た時の究明が面倒になるから、我慢して1個づつ入れていった。

結果、他のUpDateでは問題は出なかった。

どうもロールアッププログラムに問題が有る様で
個別にUpDateをすれば、何個かまとめて入れても大丈夫な感じ。


疲れたので、バックアップを取り直して、一先ず終了。

ん~、未だ先は長い・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック