年末年始報告 その4<Newケースの苦悩と格闘編>

先ずはメインマシンのケーブル類を外してマザーボードを外す。

Newマザー用に買った峰クーラー(←後述)との、最初で最後?
の2ショット。

画像


軽くコンデンサーが妊娠していないかとかをチェック。
特に気に成る所は発見させず、一安心。

くっつけた絶縁ワッシャーも、ほどよく乾いた様なので
外したマザーを、シャーシーに置いてみる。

  上手く乗った。

様子を見ながら・・・と思ったが、問題なさそうなので
例の巨大フランジ・ミリネジ(M3)で仮留めする。

  固定は拡張カードとの位置関係が決まってから。

次、電源を搭載・・・

で問題発生。

外すと面倒くさいので峰クーラーはそのまま載せて移植
したのだが、峰とケースの隙間が、電源の大きさより
遥かに狭い。

画像


峰を外して先に電源を入れると、峰の固定時、クリップが
留めれない可能性が大。

峰を外さず、電源を中に入れる方法を模索する。

峰と5インチベイの隙間から入れようとしたが、結局
無理だった。

5インチベイから奥に突っ込もうとしたが、これも無理。

ん~、どうしたものか・・・と考えていたら、ケースの天板が
ネジ留めなのに気がついた。

  今までのケースはリベット留め。

ここはちゃんと設計されている様だ。

ネジを外して天板を取り、電源を収める。

  OKOK

で、電源を固定。

ん?

何故こんなに傾くの?

ネジを締め付ける前は水平なのに、締め付けると後ろが
下がって、1~2mmしかない峰と電源のクリアランスが
0mm、つまり接触するするのだ。

最初は電源を置く台座が曲がっているのかと思い、上方向に
少し曲げたが、締め付けるとやっぱり後ろが下がってしまう。

何故?

と、電源の周りを良く監察してみると・・・

あ!

電源孔の周りがご丁寧に爪折り処理されていた。

画像


上部と左右はしてあるのに、下部がしていないから
固定すると、隙間が密着されて下がる様だ。

ちなみに↓は一般的な電源取り付け孔の裏。

画像


仕方が無いので爪折り処理と同じ高さになるまでM4用の
ワッシャーを1枚挟んだ。

画像


ここでもワッシャーの固定は木工用ボンドを使った。

しかし、1枚では未だ少し垂れ下がる感じだったので
ワッシャーを2枚にしてみた。

OK、水平はでたので峰との干渉もしなくなった。

画像


しかし・・・今度は電源上部を固定するネジ穴部が
皿状に凹んでいた。

どうも爪折り処理されて隙間の空いた所に、固定用の
ネジを締め付けたから変形したらしい。

  板薄いしね。

仕方が無いので全ての穴にワッシャーを2枚づつ挟んで
固定。

電源とシャーシーに隙間ができて気に成るが仕方が無い。

後で思ったのだが、先に電源を入れて置けば良かったのか?

でも、マザーを固定する時、狭いからやり難いかも・・・

  まあ、終わった事だし天板が外れるから問題無し。

次、ビデオカードや拡張ボードを使うから、後ろのスロット
カバーを外すそうと思ったところ・・・

なんじゃこりゃ!

まあ、元々ペラペラな材質だが、ココの(上3段)は特に薄いらしく
取り付け時にミスったのか変形は当たり前、取り付け方も
適当、ときたもんだ。

ま、使う時は外すから気にする事も無いのだが、印象が
良くない。

そして、下4段には8センチファンが取り付け可能に成っているが
穴位置のスロットを使う場合、一度外す(撤去する)とファンは
付かなくなる。

その際スロットカバーは付いていないので、別途用意しなければ
ならない。

更に、スロットとスロットの間の仕切りに、半円の穴が空くのが
痛い。

次、ビデオカードを装着。

マザーの位置とビデオ出力のコネクターの位置を確認しながら
良い感じの所でマザーを固定。

一旦ビデオカードを抜こうと思ったが、何かに引っ掛かって
外れない。

何故?

周りを見渡して原因が判った。

折角開いているコネクタの逃がしが、ケースの補強?で曲げられた
リブによって遮断されている事が判明。

画像


そこにVGAコネクターを固定する六角ナットが当たって抜けなかった
様だ。

画像


とりあえず今回は無理矢理取り外したが、毎回こんなんだと
大変なので、とっとと切断する事にした。

\100ショップで買ってきて、もうすでに歯がボロボロの金ノコの
出番である。

折角固定したマザーボード他であったが、削り粉がでるので
一度外す事に。

  ゴリゴリゴリ

板が薄い割には中々削れない。

流石に使い古しの\100ショップの金ノコの歯では切れないか・・・

完全切断は無理なので、半分まで切って先を曲げる事にした。

  完成後のショット。

画像


  処理が汚いのはご愛敬(^^;

ビデオカードを挿し、普通に抜けるか検証。

  OK

位置決めをして、ショートしないよう、出来るだけマザーの
シルク印刷の円の中心に成るようにネジを留めた。

  他の拡張カードは取りあえず後回し。

次、ドライブ類の移植。

先ずはHDD、システム用のドライブを4段空母から外し
HDDベイの一番上に搭載してみる。

  搭載予定はシステムドライブ1台と200GB×2と
  200GB×2の計5台

通常、HDDのシャドゥベイは、きつめに出来ていると思うのだが
ブカブカでカタカタした状態だった。

  そのかわり?台座はしっかり有った。

まるで、板厚1tで設計したところ、0.5tの板で製作して
薄くなった分隙間が空いた・・・と言う感じ。

  実際そうなのかも知れないが・・・

で、一応ここでも問題発生。

HDDをファンの直前まで出そうとすると、片側1箇所
しかネジが留めれない。

画像


2本で留めれる一番前だと、HDDは後ろすぎ
の様な感じ。

  しかし、ちゃんと固定したいから後者にする。

次、200GB×2台を移植。

一番下とその直ぐ上に搭載するが・・・

ん!

なんじゃこりゃ~

HDDとHDDの隙間が1mmも無い感じ。

  3段空母並みかそれ以下だ。

HDD5台が載るには載るが、冷却に関しては全く
考慮されていない。

設計上載る(載せる事が出来る)だけ。

実際は1段おきで3台が実用的だろう。

もしかしたら強力なファンで冷却させれば、5台搭載
しても問題は無いのかも知れないが・・・

  後述するが、ココにも問題あり。

やりきれない感じで、元の4段空母に戻す。

画像


  ↑参考までに4段空母(新品時撮影)

倉庫用に使っていた80GBは、検証に使う予定なので
ココで外す事に。

いろいろ考えたが、もう面倒くさくなってきたので
部分移植ではなく完全移植にする事にした。

  配置も今までと同じで。

3.5インチのオープンベイが1個少ないので、自作の
OSの切換スイッチとアクセスランプ郡とUSB端子は
ケースの中にでも放置する事に。

先ずはDVDドライブ。

フロントパネルとの兼ね合いがあるので、パネルを
装着する。

面の合う所でネジを固定すると、後ろは良いのだが
前がシャーシーの柱部にネジ穴が隠れてドライバーが
入らないっぽい。

つまり、一番前のネジ穴は、開いてはいるが使えない。

画像


ドライバーが使える所で固定すると、ドライブがかなり
奥まってしまう。

まあ、化粧パネルを使うタイプだから・・・以下略。

次に5インチベイ固定の4段空母。

これもDVDと同じだった。

まあ、こっちはフロントパネルと面を合わせる必要は
無いから、神経質に成らなくても良いが、出来れば
出来るだけ前に出して搭載したい気持ちはある。

実際、一番前のネジ穴で固定しても、フロントパネル
との間隔は、かなり空く感じで、2番目にすると無駄に
広く空く感じに成ってしまう。

当然後ろは内部に出っ張る量が増え、マザーボードの
IDEや電源コネクターと、HDDからのIDE、S-ATA変換
S-ATAケーブルとの干渉が予想される。

ココは無理してでも一番前のネジ穴で固定いたい。

そうそう、今まで使っていたハンドスクリューで固定
したら、ネジ穴部の凹みが小さくてパネルと干渉
傷がついてしまった。

仕方が無いので普通のネジで固定。

一番前のネジは細いドライバーで傾けて装着。

力を入れるとネジの頭がナメそうなので程々で止める。

次にシャドゥベイのHDD郡。

判ってはいたが、5台載せると隙間無くキュンキュンだ。

最後に、買い置きしてあったメモリーカードリーダー付き
FDDドライブをピュワホワイトのフロントパネルと交換して
装着。

後はドライブ類に配線をするだけだが、その前にマザー
ボードにスイッチやLED、スピーカーやUSBの内部配線
なんかを済ませておく。

とりあえず峰クーラーのファンは、ターボタイマーではなく
マザーボードのコネクタに直付けした。

電源ファンやリアの排気ファンの力を使えば、ファンレス
でも問題無いように思える。

HDDの拡張カードも取り付けて、配線を済ませる。

取りあえずケースの付属のファンを繋げて、その効果を
検証。

天井ファンは羽が落ちて配線が残酷カッターされても
困るので未装着のまま。

仮に付けようとしても、奥行きのある古い光学ドライブだと
12センチファンを取り付けた場合、ドライブと干渉する
可能性が有る。

画像


ちなみに↑画像のドライブは、一番前のネジ穴で固定した時の状態。

キーボードやマウス、LANやスピーカー、電源ケーブル
を繋げて準備完了。

うまく立ち上がるか緊張の一瞬、スイッチを入れる。

  ぽちっとな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック