年末年始報告 その2<Newケースを買った編>

年明け3日、目当てのケースを買ってきた。

今までのケースよりも軽くて、持って買えるのも楽だった。

  店から車までの徒歩で30歩程度だが(^^;

今までより一回り小さいし、電源が載っていないから軽いと
思っていたのだが、本当の理由は、板厚が薄いから・・・
と言うのが正解らしい。

そして、突っ込みどころ満載のネタのオンパレードの始まりである。

先ず開けて最初に目にしたのがハングル文字の説明書だった。

か、韓国製?

そして、Maid in China。

本体を取り出して、先ず中身をチェック。

そして最初の難題。

サイドパネルを留めてあるハンドスクリュー1本が硬くて回らない。

ドライバーでも無理、アルミ製?のネジ穴がなめそうでだっらから中止。

仕方が無いから、プライヤー(家はペンチが無い)で挟んで回した。

動けば手で回せると思ったが、無理だった。

何が原因で硬かったか良く判らないが、ネジ穴の奥にシャーシーの
一部が有るから、それに引っかかっていたのかも知れない。

とりあえずスチール製のネジを2~3回出し入れして、ネジ切りを
してみたら、多少は良くなった。

M-ATX用の穴の件だが、もしかしたら・・・と言う期待を込めて
見てみたが、やはり、展示していたやつと同じで孔が空いていた。

次、フロントパネルを外そうと思った。

手でこじ開けるのは無理っぽかったから、車用の内張りはがし
使うことにした。

外して気がついたのだが、パネル固定の爪が別パーツに成っていた。
しかも、形が既に変形している。

画像


開いている(正常と思われる)のとは別に、明らかにしぼんでいる物が
半分(3個)あった。

  何度か着け外しをしていたらだんだんと変形していき
  戻すときにガタ(隙間)が発生したのは言うまでもない。

後で判った事だが、よく壊れるのか知れないが、予備パーツが2個
付いていた。

  コレって親切なのか?壊れないように設計しろよ。

次、売りの一つになっていると言う防塵フィルターを取り出した。

は?

何これ。。。

フィルターと言うから網や繊維状の物を想像していたのだが
透明のシートに、パンチングプレート風の穴が空いているだけだった。

画像


ゴミは入り難いだろうが、空気の流れも止めてしまわないのだろうか?

よく判らない、しばらく使って改善の余地が有ったら改良しよう。

次、使わない5インチベイのパネルを外した。

ついでだからバラせるパーツはバラして並べてみた。

画像


これだけプラパーツのあるケースは初めてだが、一体物と比べ
薄くてしょぼい感じがした。

バラしていて気がついたが、プラパーツの到る所にバリバリに
バリが付いていた。

まあ、金型に問題が有るのだろうが、韓国人はこんなの
屁でもないのだろうか?

当然、3.5インチベイの所のスライドパネルなんかは、渋くて
スムースにスライドする筈も無く、仕方がないので
バリドリーン(バリ取り員)を発進させる。

一つの物をすると他のも気になってくるので、全てのプラパーツを
外して、渕と言う渕は全てバリ取り処理をした。

特に可動部の所は、念入りに。

一番酷かったのはパッシブダクトで、ゴミ捨て場から拾ってきたのか?
というくらいボロボロだった。

画像


何か「日本向けには不良品で組んで置けば良いぞ」みな感じに
思えてきた。

それとも韓国ではコレが普通なのだろうか?

  ちなみに↓は、バリ取り後のパッシブダクト。

画像


一番酷い所は完全にむしられているので
削っての修繕は無理。

ジャバラもスムーズに伸縮可。

しかし、CPUクーラーは峰クーラーなので、パッシブダクトは
取り外さないと峰と干渉してしまうため、使う機会は無い?か。

結局バリ取りだけで1日が潰れたので、組むのはまた明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック