光り物

初めてLED(青)で光るファンを買った。

発売当初から気に成っていた、ディンプル
加工の通称ゴルフファン「ZGF80」である。

気には成っていたが、ベアリングがスリーブ
と言う事もあって、今まで買わずに居た。

しかし、キツキツのケース内部を覗くのに
毎回懐中電灯を使うのも面倒くさいので
光るファンの事を思いついたのである。

最近は丁度良いモノが少ないので
店頭でオウルテックの「OWL-FY0825L
の2個セットと迷っていたが、ケーブル
が60センチと長く、変なコネクターみたい
なので買うのを止めた。

2000回転で3dBA低下を実現(17.8dBA)と
書いてあったので、回転数は高いがノイズが
低いので問題ないと思い、最初の計画では
リアの排気に使おうと思った。

スペックは2000rpmと書いてあるが実測値は
2200rpm前後と良く回る・・・と言うか回りすぎ。

スリーブベアリングだから、回転数がマイナスする
事はあっても、プラスする事はないだろうと思って
いたが、それは間違っていた。

  予想では1900rpm前後だろうと思った。

メーカーの違いとか、精度の違いとかなんだろうか?
同じ回転数の2ボールベアリングより良く回る。

と言う訳で、定格で回すと騒音レベルも云うほど
静かでは無かった。

とりあえずファンコンに繋げて希望回転数まで
落としてみる。

結果は「こんなもん?」
フロントファンに使っている、公表値22.05dBの
2000rpm2ボールベアリングと同じか少し五月蝿い
くらい。

とは言ってもそれは単体での事であって
CPUファンに比べれば断然静かなので
収めてしまえば問題ないのかも知れないが・・・

リアに装着して1700rpmくらいまで落とすと
それなりに静かには成るが、排出される風は
手を近づけても感じないほどに成った。

これなら現在の構成(2500rpmのファンを
ファンコンで1600rpmに落として使用)の方が
静かだし風量もある感じだ。

さて、1日置いて出した結論は、取り敢えず
フロントに付けて様子を見よう・・・と言う事で(^^;

CPUファンとフロント(HDD)ファンはターボタイマー
が付けてあるのでそこで若干の抵抗が発生して
回転数が落ちるのだが、それでも2050~
2100rpmは回る様だ。

やはり、装着してしまえば他の音の方が
大きいので、特に神経質に成らなくても
いい感じだ。

そして、青い光がフロントパネルの隙間から
漏れて幻想的な感じになった。

フロントに付いていた2ボールベアリングの
2000rpmは廃熱で寿命が心配なスリーブ
ベアリングの2500rpmと交換してリアに持って
いき、ファンコンで1600~1650rpmに固定した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック