プリンター購入

先日プリンターを買った。

買ったのはCanonの複合機、PIXUS MP500

最初、本命「iP4200」、対抗A「MP500」、対抗B「iP7500」
で見に行ったが、実物を見たら
本命「MP500」、対抗A「iP4200」、対抗B「iP7500」
に成っていた。

週末の新聞広告(エイデン、K's、コジマ、ヤマダ)を見て
軒並み同じ事が書いてあった(店頭特別価格\22800→
更に値引き)から、一番近いエイデンで購入。
更に値引き・・・で\19800。
ちなみに通常店頭価格は\23800。

対抗Aの「iP4200」は、店頭特別価格\14800→\13800。
対抗Bの「iP7500」は、店頭特別価格\22800→\19800。
だった。

見てる時”でかいなァ”と思って心配したが
やっぱりでかかった。

家はパソコン専用のデスクではないので
プリンターの置く所が無い。

とりあえず600x450x300のサブテーブルに置いて
色々と触ってみるが、テーブルの高さが低くて
首や腰が痛くなったので中止。

兎にも角にも置く場所を考えなくては話にならない。

最初、設置面積450x300のラックを想定していたが
プリンターの寸法は448x426x205。
置くだけなら450x300でも足が載るから置けるのだが
前がだいぶ出っ張るカタチになる。
やはり450x400位の大きさは必要かなァ・・・と判断。

既製品に450x400のサイズが有るかどうか判らないので
450x450を考えたのだが、これも有るのか?と思った。

そうこうしていると、昔、ビデオデッキとかを置いていた
500x400のスチールラックが有ったのを思い出して
押入れを探してみる。

天板は4枚見つかったが、丁度良いアングル(支柱)が
無かった。
600mmなら有ったのだが、移動できるようにキャスター
を取り付ける予定なので70mmほど高くなる計算。
そうすると高さは670mmに成って、座っていじるのには
少し高い。
やはりここは450mmが無難か・・・

あまり出費はしたくないのが無いものは仕方が無い。
アングルは買う事にした。

近所に在るホームセンターは、何故か午後7時半で
軒並み終わるので全く使えない。
ちょっと遠いが夜10時までやっている阿久比のUホームに
買いに行く事にした。
450mmのアングルは1本\258、4本で\1032だった。
一応、補強の事も考えたが、ただでさえスチールで
重いところに、補強を入れてネジとかを大量に使うと
更に重くなるし、出費もかさむので、補強板とかは
買わない事にした。

結果は買わなくても良かった。
思ったほどやぐくなく、しっかり組み上がった。

最上段には一緒に有った8tのアクリル板を載せて
10Kg近くあるプリンターの重量対策。
2段目はテーブルの高さに合わせて物置場所の
予定のため、一緒に有ったタイルカーペットを敷いた。
一番下は印刷用紙なんかを置こうかと思っているが
コレといったケース(アイデア)が見当たらず、今のところ
保留。

画像


肝心の印刷具合だが、適当に探したPDFを印刷してみた。
2色刷りだが、擦れ、にじみ共に無く綺麗に印刷できた。

次はPHOTO(jpgファイル)を適当に印刷。
普通紙にも関わらず、思ったより綺麗に印刷できた。
6~7年くらいに買ったプリンターは話にならないが
友達の持っている2~3年前のハイスペックモデルよりも
綺麗に思えた。
・・・が、比較する物が手元に無いので定かではない。

次も適当にCD/DVDのレーベル印刷。
これも適当に画像を選んで、書き込みに失敗した
DVDに印刷してみた。
以前、友達に頼んでやってもらった事があるのだが
その時より(元絵の関係かも知れないが)綺麗に
仕上がっていて、ちょっと感動した。

プリンターの進化も凄いな、と感じた。
スキャナー(コピー)機能が要らなければ
インクジェットのiP4200でも十分だし
更にプラス\6~7千(\2万前後)出せば
iP7500が買えて、今以上のクオリティー
が望めるのだ、素晴らしい。

最後にはがき(年賀状印刷)だが、フリーのはがきソフト
を使って、厚紙をはがきサイズに切って送りなんかを
確認した。
フリーで十分に思えるが、せっかく両面印刷が
できるのだから、対応ソフトを使いたいと思う。
何が良いかは年末までに決めよう・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック